« 永山則夫「無知の涙」 | トップページ | 永山則夫「無知の涙」(つづき) »

2006年6月22日 (木)

基礎科学(工学と理学)

 この世の中の学問には,自然科学または単に科学と呼ばれる分野がありますが,例えば物理学で言うなら「エジソン的なもの」,と「ニュートン,アインシュタイン的なもの」の2種類がある,という区別を意識されている方が,どのくらいおられるかは疑問です。

 前者は,いわゆる工学・技術(テクノロジー)という分野で,後者は理学という分野です。前者は実学であるとも言われます。

 後者は基礎科学と呼ぶべきものでしょう。

 もちろん,工学・テクノロジーは基礎科学の理論によって生まれたという見方もあります。実際,現在では理論ができて後に,それを基にしてできた機械という例もたくさんありますから,別に区別する必要はないという考え方もあります。

 しかし,そもそも産業革命で人力以外の機械がはじめてできたとされるワット(Watt)の蒸気機関にしても,理論などはずっと後付けでした。

 それを熱学として理論的に裏付けたのは,今では誤りだとされている「熱は熱素からできている。」という熱素説の信奉者カルノー(Carnot)らでした。ただし,彼の理論のエッセンスは誤りではなく現在も生き残っています。

 このように,"理論=基礎科学"などなくても,テクノロジーだけが独立に発達する,ということもあったわけです。

 静電気などの電気・磁気にしても,ライト兄弟の作った飛行機にしても,原理の方は,後から追いかけていたわけです。

 私が学生時代に物理学を専攻していることを知っていた下宿の大家さんに,「電気器具が故障したので直してくれないか。」と頼まれて,手も足も出なかったという笑い話もあります。

 世間一般の意識なんてそんなものかな?と苦笑したのも,なつかしい思い出話の1つですね。

 @niftyの物理フォーラムやサイエンスフォーラムに参加している人の中にも,子供の頃から機械いじりや,化学など薬を使った実験が好きでたまらなかったり,あるいは天体望遠鏡などで星を眺めたりするのが大好きだ,という方達の方が,むしろ多いかもしれません。

 私は,学生のとき理論物理学が専攻だったのですが,そうした私と同じ専攻の人の中にはテクノロジーも両方ともできるし,興味がある,という人や,そもそもそちらから"理論=基礎科学"に興味を持つに至った,という人もかなりいるようでした。

 私も,そうした種類の人間だと誤解されているかもしれませんが,私は技術の方は,からっきし駄目です。

 私は,むしろ数学的体系を味わうことや,理論,原理を発見する,ことの方に興味があるから,理論物理的なことをやっているわけです。

 なぜかテクノロジーにしても,その原理とか,その技術の一部について新しい発見をする,とかいうことには興味がありますが,実際に実験したり,機械など物を作るとか,発明する,とかいうことにはほとんど興味がありません。

 医学でも,臨床外科医や歯医者などは,むしろ技術屋であって,医学部などの入試のためには数学を必要としたけれど医者,歯医者になってしまえば数学など算数程度しか必要ないし,既に忘れてしまってる,という世界ではないかと思います。

 臨床医は,浪費家で何の業績も残していないと評判の悪い野口英世などで有名な医師免許も持っていない医学博士が結構いるらしい基礎医学分野での研究者とは一線を画しています。

 基礎医学はむしろ理学に属していて,生物学に近いですね。

  まあ,わかる人はわかると思いますが,私が理論物理学を勉強,あるいは研究したいと思うのは,大部分のそうした研究者と同じく,いわゆる芸術家的な興味です。純粋にその理論体系の美しさに魅了されているからです。

 私にとっては「物理学の探求=美の探究」でありまして,唯一普遍的な価値に近いと思っている「美」といういう価値観に基づいて,基礎科学に立ち向かっているわけです。

 しかし,この前にもある飲み屋でそこの主人についほろ酔い気分で自分の夢を語ったら,「それが何の役に立つのか?」と聞かれて「何の役にも立たない」と答えたら,バカにされましたね。

 「それじゃ自己満足なんじゃないの?」とね。でも,そう,その通りなんです。自己満足したいという目的でやっているのです。何せ,その他大勢の人々と同じく私もエゴイストですからね。

http://fphys.nifty.com/(ニフティ「物理フォーラム」サブマネージャー)                                                  TOSHI

http://blog.with2.net/link.php?269343(ブログ・ランキングの投票)

  

|

« 永山則夫「無知の涙」 | トップページ | 永山則夫「無知の涙」(つづき) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

201. 自然科学一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/2336839

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎科学(工学と理学):

« 永山則夫「無知の涙」 | トップページ | 永山則夫「無知の涙」(つづき) »