« 拉致問題 | トップページ | ガードマンの時代 »

2006年6月13日 (火)

ワールドカップ

 昨日はワールドカップサッカーを見ようと思ってワクワクして,ブログを書くのも忘れて楽しみにしていました。

 それだけに,唯一勝てるかもしれないと思っていたオーストラリアに後半あと6分で3発入れられたのを見て頭に来て,そのまま朝まで死んだように眠ってしまいました。

 今朝,セルジオ越後氏が言われてましたが,私もゴールを決められた一瞬は,1993年だったかのドーハの悲劇を思い出しましたね。

 まあ,これで日本の今回のリーグ戦突破は事実上終わりですね。可能性はゼロではないがオーストラリアより強い2チームに1勝1分けというのはマイアミの奇跡なみの話です。

 まあ,サッカーというのは何が起こるかわからないというのと,ブラジルが既に進出を決めて,仲のよいジーコ日本に手を抜いてくれる,ということぐらいしか期待できません。

 普通は,高校野球でもなんでもひいきのチームが負けると,他人を頼りにしても仕方ないな,と考えてネット将棋をして自分でかたきをとるんだけれども,昨日はいつもの負けパターンにあまりにも気が抜けてしまいました。

 その前にゴルフの宮里藍と全仏テニスダブルスの杉山愛がともに優勝を逃し,その後にまたこれですから,ふて寝してしまいました。

 でも,一応,日曜日のクロアチア戦も見るだけは見てみます。

http://fphys.nifty.com/(ニフティ「物理フォーラム」サブマネージャー)                                                  TOSHI

http://blog.with2.net/link.php?269343(ブログ・ランキングの投票)

  

|

« 拉致問題 | トップページ | ガードマンの時代 »

013 スポーツ(ニュース・イベント)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ:

« 拉致問題 | トップページ | ガードマンの時代 »