« 準線形計画法(ネットワーク輸送問題)(3) | トップページ | ブラウン運動と伊藤積分(10) »

2007年7月18日 (水)

目をそらす姑息な手段

 しかし,この赤城という農相の姑息な手段にもあきれますね。どんな参謀がついているのでしょうか?まあ,それに踊らされる方もどうかと思いますね。

 顔に絆創膏というなんともお粗末なカムフラージュ,本題の方の追求からまわりの目をそらすために,あえて突っ込まれても痛くない別の目立った疑惑を無理矢理作り上げる,という昔からよくある手法ですね。

 「不利なときは戦線を拡大せよ。」という将棋の戦法にも通じますが,これまでも何か不利なことがあってもすぐに別の問題があって興味がそらされてしまうというのがこのところの政界では日常茶飯事ですね。

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。)

http://homepage2.nifty.com/toshis-kaiga-auction/健康商品の店 「TRS健康ランド」

にほんブログ村 科学ブログへクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング)

にほんブログ村 トラコミュ 物理学へ
    物理学

|

« 準線形計画法(ネットワーク輸送問題)(3) | トップページ | ブラウン運動と伊藤積分(10) »

006. 社会・経済・政治」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目をそらす姑息な手段:

« 準線形計画法(ネットワーク輸送問題)(3) | トップページ | ブラウン運動と伊藤積分(10) »