« 代数学の基本定理 | トップページ | S行列とレッジェ理論(1) »

2007年8月19日 (日)

朝鮮人強制連行の記録

 行き着けのスナックのママに「日本は朝鮮をただ植民地にしただけで植民地ならイギリスとかヨーロッパもやっているのに何故日本だけこんなに嫌われてるの?」というような内容の質問を受けました。

 

 そのときは,「日本は単に植民地支配をしたというだけじゃなくて,朝鮮民族の"アイデンティティ"を否定し踏みにじった。彼等の姓を日本姓に変更させたり日本語教育をして土着の言語や文化を否定し,無理矢理日本語を話すことを強要したし,文化的侵略をしたことが大きい。」と答えました。

 こういうことがあって,かつて30年以上も前,ほんの若造だった学生時代に,学生運動の中で部落や在日など階級差別ではない身分差別関係の分析研究をするグループに属していたこともあって,必要に迫られて買って読んだ,朴慶植 著の「朝鮮人強制連行の記録」(未来社)を引っ張り出してきて,久しぶりに読んでみました。

     

1923年の関東大震災の際に虐殺された朝鮮人たちの死体群の写真や1930年の間島事件のとき惨殺された人々の,納屋かどこかにゴロゴロ転がっている生首群の写真などを改めて見たのも,結構衝撃的でした。

 

そして,1939年から1945年まで続いたらしい強制連行の時代の,当時徴用された朝鮮人や連行した当事者,あるいは炭鉱などで朝鮮人と一緒に働いていた日本人の体験談を読んでみても,改めて胸に迫まってくるものがありました。

 

例えば,三井系の三池染料で働いていた足立氏の話によると,「昭和16年から18年からちょっと記憶にないのですが朝鮮から数百名の青年を連れてきました。...(中略)

 

 これらの人たちは,通勤服も仕事着も一つで着替えを持っている人はいませんでした。

 

 そうでしょう,終戦後,この朝鮮人を徴用に行った労務の係長から聞いたことですが『憲兵と共に釜山に上陸し,トラックを持って,町を歩いている者,田んぼで仕事をしている者など手当たり次第,役に立ちそうな人は片っぱしからそのままトラックに乗せて船まで送り,日本に連れてきた,まったく今考えると無茶苦茶ですよ。徴用というが,人さらいですよ』と話していました。

 

 ですから着替えもなにもない,着たきり雀です。」ということです。

 これによると,今と違って戦時中とはいえ,まったくとんでもないことに数百人単位で組織的に公然と拉致が行なわれていたらしいですね。

 

 まあ,日本人の中には,強制連行などなかった。とかでっちあげだ。とか主張される方も結構おられるようですし,書かれた資料まで捏造であると言われれば,あくまで"情況証拠"でしかないので,その場にいた当事者でない限りは単なる伝聞なのです。

 

 それを信じるか否かは,個人的な問題に過ぎないわけですが。。。。

 ただ,私は実際現在も恨まれていることもあるし,"火のないところに煙は立たない。"ので,こうした大量拉致については割と信憑生があると思っています。

 

 過去にこうしたことがあったから,日本がもっと人数的に規模の小さい日本人や韓国人などの拉致を問題にしても,逆に北朝鮮から過去の罪について非難を受けたり,また韓国人の関心が比較的低いことの理由の一端にもなっているのではないかと思います。

「戦後60年以上も経っており,かつての惨虐行為や拉致など人非人的なことをしたとしても,それは我々の祖父母や父母のしたことであって,我々が直接手を下したわけじゃない。いつまでグダグダ言ってるんだ。」という意見もあることはわかっていますが,恐ろしいことに我々はそうした人非人の血を受け継いでいるのです。

「罪を憎んで人を憎まず。」とか,あるいは「父親が殺人を犯しても,その子供には罪はない。」などと頭ではそう考えて,そのように主張することがありますが,家族に殺人犯などがいると,その近親者も社会的に普通には生きていけない,のが現実です。

 

もっとも,それがいいとは思いませんが。。。。

 

しかし,我々がかつて植民地としていた,かの国の民から嫌われるのも,ある意味では仕方のないことだと言えます。

 

どうでもいいけど,念のために言っておきますが,私自身は在日あるいは土着の朝鮮人でも被差別部落民でもありません。むしろ,身分的には比較的恵まれた身として生まれてきたことを恥じています。 

参考文献:朴慶植 著「朝鮮人強制連行の記録」(未来社)(1965)

 

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。)

http://homepage2.nifty.com/toshis-kaiga-auction/健康商品の店 「TRS健康ランド」

にほんブログ村 科学ブログへクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング)

にほんブログ村 トラコミュ 物理学へ
    物理学

|

« 代数学の基本定理 | トップページ | S行列とレッジェ理論(1) »

005. 心身・思想・哲学」カテゴリの記事

006. 社会・経済・政治」カテゴリの記事

010 歴史(日本,世界)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ども、通りすがりさん(同一人物ですよね?)、TOSHIです。コメントありがとうございます。

 金銭上はODAなどもあるし、日本も国としてはかなりきちんと賠償していると思いますが、大陸の中国や北朝鮮ではおそらくせっかくの賠償金も支配権力上層部が全部独占し間接的に人民に分配したとしても雀の涙で人民は気づかないという構造でしょうから、内政干渉の問題ですが本当に賠償するべき人民まで届いているか疑問です。

 そして国全体の賠償の他の個人的賠償問題たとえば南京虐殺とか慰安婦問題というのは、証拠隠滅など卑劣な行為はざらに見られるし、そうした事実はもちろんあったでしょうが、虐殺や慰安婦の実数など今となっては加害者も被害者も双方が共に過大評価、過小評価していると思いますが、加害者が威張っているわけにもいかないので、ある程度譲歩すべきでしょう。
 
 もっとも、平和な時代でも殺人者が殺人を犯す瞬間は狂気だと聴いています。まして戦争で大量に殺し合いをしている状態の人間は狂気に違いないでしょうから、個人に属するような戦時犯罪を平時と同じように評価することはできないと思います。もちろん戦時だからということが免罪符になるとは思えませんが、戦勝国が一方的に裁く=「勝てば官軍」という感もあります。

 またドイツは罪をナチスだけに帰することで責任の所在を国家、国民全体からは切り離しました。イタリアもムッソリーニですかね。ただ日本は軍部に帰して国民が免罪されるにはお飾りだったとはいえ一番上の大元帥閣下の罪を云々する必要があるので未だにタブーですね。

 日章旗、君が代もタブーの領域を無視できません。こちら万世一系の方は一応2千年以上も続いていることになっていますから、高々ここ100年程度の侵略行為云々で崩れる話ではないでしょう。

 私としては大昔に日本を征服あるいは統一した氏族の血がどうしてそんなに大事なのか理解できません。。。。

 私は古いですけど未だに日本という一国ではなく「万国の労働者団結せよ」という階級闘争に主眼を置いている口なので、国とか民族とか、あるいは男か女かとか、武士か町民かとか、のような階層区分の諍いには正直言って飽き飽きしています。もっとも順序としては先にその階層部分の矛盾がすべて解決してから階級矛盾が解決されるというのはわかっているので急進的な小児病かもしれません。世界連邦というのもまずは民族解放戦争がすべて終わって一旦小民族が全て独立した後でないと得られませんね。

          TOSHI

投稿: TOSHI | 2007年8月24日 (金) 13時03分

TOSHIさん、コメントをありがとうございます。

同じ第二次大戦の同盟国であるドイツは、ポーランドやフランスなどの周囲の国々に対する賠償金の支払い、国内の公の場でのナチズムやファシズムを賛同するような言動、行為に対する取り締まりなど、戦争中の行為に対する「ケジメ」が行われているように思えますが、対して、我が日本は、朝鮮、中国、東南アジア諸国などに対する賠償金の支払い、国内の公の場での軍国主義やファシズムを賛同するような言動や行為の取り締まりなど、そのような「ケジメ」がされているのでしょうか?

日章旗や「君が代」の問題にしても、一度、国民レベルでの議論や投票が必要のように思いますし、それが「ケジメ」でしょう(もし、それで、賛成が過半数以上なら、日章旗や君が代を、従来どおり、国旗・国歌として良いでしょうけど)。

日本の閣僚などの発言、行為をみていると、そのような「ケジメ」が行われているとは、思いませんね。

投稿: 通りすがり | 2007年8月23日 (木) 19時37分

 こんにちは、通りすがりさん、TOSHIと申します。コメントありがとうございます。

 朝青龍のことはもともとは個人的な問題で大した問題ではなかったのに騒ぎが大きくなりすぎて、どこに属する人も引っ込みがつかなくなってしまったという状況だと思っています。

 そもそも国家間の外交問題というより単に閉鎖的な角界の問題に過ぎないでしょう。

>どうも、日本人は、長い間、他民族との争いなどもないので、一方的になるのかな?

 そういう面もあるでしょうが、むしろ黒船に土足で踏み込まれて最初は文明開化と騒いでいたけど、今も官僚とか株式公開などの話もありますが昔からある既得権益や利権を守るためには、さまざまなルールをつくって保護しなければいけないという思いが強いのでしょう。まあ、日本に限らずスポーツでは外人枠という人数制限があります。むしろ日本の相撲はMLBと同じく外人枠がないので珍しいと思います。

 一般的なスポーツ、国技としての相撲を含む日本の文化や日本的価値観については私もいろいろと個人的な意見や感想はあるのですが、非個人主義的、家族的な日本古来のアイデンティティにも海外の比較的自由な個人主義的文化にもそれぞれ捨てがたい面があると思います。最終的にはマスコミや権力者にすりこまれた価値観を持たされているのでなければ個人の好みの問題になるのでしょう。

 たとえ理想的な社会として世界連邦ができて国とか民族とかの軋轢が消えても、いわゆる地域性というか地域固有の文化は、ある意味では消えないで欲しいと思います。

               TOSHI

投稿: TOSHI | 2007年8月23日 (木) 16時46分

 こんにちは、お久しぶりですね。耕士さん、TOSHIです。コメントありがとうございます。

 まあ、この国の政治的な上層部の意識構造は今も昔も大して変わらないと思います。

 田中角栄がどうだったのかはわかりませんが、貧乏人の痛みを知らない人物しか政治的なトップに行けないという意味では、まだ身分制度は続いているのでしょうね。

 もっとも日本人のトップの身分の方がまだ千代田のお城におられますからね。。。

              TOSHI

投稿: TOSHI | 2007年8月23日 (木) 16時13分

こんにちは。

ちょっと、ワイドショー的な話ですが。。。

最近の朝青龍騒動でも、朝青龍の側の非も、もちろんあるのでしょうけど、日本的価値観の一方的な押し付けが原因、という部分も感じますね?

モンゴル勢力士だけでなく、かつてのハワイ製力士でも、そういうことからの、大なり小なりのトラブルはあったようです。

アメリカのMLBやヨーロッパのサッカー・リーグなどでは、外国人であっても活躍すれば、地元のファンも素直に応援するようですし、一方的な価値観を押し付けることも、なさそうに思えます。

どうも、日本人は、長い間、他民族との争いなどもないので、一方的になるのかな?

ちょうど、兄弟などがいない、まわりに友達も、あまりいない、兄弟や友達などと喧嘩もしたことのない子供が、わがままで独りよがりの価値観を持った人間になってしまうのと、似ているようにも。

投稿: 通りすがり | 2007年8月23日 (木) 12時27分

こんなのにばっかり反応しててすみません。最近ちょっとした偶然で九条の護憲運動(と言ってもネット上でですが)に関係してるもので。

> 占領された敵国に作られた憲法

とは、これを押し付けだと感じている人達がよく言う話で、そういう一面は確かにあるのですが、歴史的には明治の頃の植木枝盛なんかの自由民権運動の流れをくんだものという一面もあります。どうとらえているかでそのひとが支配者側かそうでないかという判断材料にもできます。

あと、戦時中の強制連行などに関する資料が残ってないことについてですが、敗戦の際に証拠隠滅のために記録のほとんどを焼き捨てられているので、資料が残ってないからそんなことはなかったと言う人達は、証拠隠滅があったことを知らないか、知ってて言ってる卑怯者かどっちかだったりもします。

また、この国の軍隊組織が信用できないのは過去の話ではなく今も同じです。最近では、元陸上自衛隊イラク先遣隊長でさきの参院選で当選した自民党の佐藤正久議員が「駆けつけ警護(わざと戦闘に巻き込まれることによって正当防衛の言い訳を作って武力行使すること)」という当たり屋的なことをやろうとしてたということが明らかになってますが、なぜかニュースでほとんど取り上げられてません。

投稿: 耕士 | 2007年8月20日 (月) 22時49分

こんにちは、T_NAKAさん、TOSHIです。コメントありがとうございます。

 こうしたことばかり書いてると有名人だったら刺されるかもしれません。

 侵略した相手の国には金銭的賠償をしていますが、在日関係のフォローはほとんどありません。

 侵略相手ではなく自国の民を戦争に巻き込んだ責任についての総括は歴代の内閣総理がいつまでも先送りにしています。

 占領された敵国に作られた憲法であって作った側の意図は別だったとはいえ、結果的に九条はすばらしいものだと私は思います。

 社民党や共産党のバカどもの主張とは別にこれはそのまま残したいですね。

              TOSHI

 

投稿: TOSHI | 2007年8月20日 (月) 15時24分

全く同感です。
関東軍の敗走ぶりを見ても、自国民まで置き去りにしていて、ましてや植民地の人を大事にするなど考えられません。この国の軍隊組織というは信用することが出来ず、「美しい国」などと惚けたことを言っている人間を首長にしていて良いはずがありません。
軍人を文人が制御できなかったのが、この国です。
災害救助、爆発物処理etc.において自衛隊は必要でしょうが、最低限に抑えておかないと大変なことになると思っています。
まあ、軍隊だけの問題ではありませんが。。

投稿: T_NAKA | 2007年8月20日 (月) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/7596787

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮人強制連行の記録:

« 代数学の基本定理 | トップページ | S行列とレッジェ理論(1) »