« Re.学問をするという贅沢 | トップページ | ベリーの位相とアハラノフ・ボーム効果(1) »

2007年11月 9日 (金)

今日の雑感

 ちょっと日記らしいことを書こう。

 朝目が覚めて酔いが覚めて少し疲れた気分です。

 もしも"旧居=ワンルーム"が売れて借金が返せたら,親父の31回忌以来会っていない母親に11年ぶりに会うために岡山の田舎に帰ろう。。この前会ったときは75歳だったけど,この11月で87歳になるはずだ。。。

 4人兄弟の上3人は,まともに結婚して子を成し,普通の暮らしをしているのに末っ子の私だけが,どうしようもないグータラで心配かけてるおかげで母親は長生きしてます。。。。

 朝っぱらからバックグラウンドで映画「ブラザー・サン,シスター・ムーン」の唄の場面が流れています。

  

 聖フランチェスコにはなれないけど,昨日は会社の売れ残りの紫芋を1箱,巣鴨駅の最近仲良くなったホームレスの元露天商という方にあげちゃった。。。

 ああ,また自慢話。。まだ酔ってる。。。

http://www.rakuten.co.jp/trs-kenko-land/「TRS健康ランド」-- 黒ウコン,SCS(洗浄剤)専売などの店:  私が店長 です。

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。)

にほんブログ村 科学ブログへクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング)

にほんブログ村 トラコミュ 物理学へ
    物理学

|

« Re.学問をするという贅沢 | トップページ | ベリーの位相とアハラノフ・ボーム効果(1) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

TOSHIさん
>場の理論として最初から順に全てを追って読んでいかれるのがいいと思います。おおきなお世話かな?
そんな事はありません。
明男さん
>これが分かりやすいなら、勿論、素晴らしいことです。私には骨が折れると思いますが(笑)。
日本語の使い方を誤ってしまいました。

投稿: 凡人 | 2007年11月10日 (土) 12時08分

>凡人さん
前野さんはTOSHIさんの仰るとおり、ユニークでしかも教育熱心な方のようで、ツボを押さえた説明が為されていますね。御紹介のドキュメントは教科書としても一流でしょう。これが分かりやすいなら、勿論、素晴らしいことです。私には骨が折れると思いますが(笑)。

投稿: 明男 | 2007年11月10日 (土) 10時36分

どもこんにちは。。凡人さん。。

 いろものさんにはずいぶん昔からお世話になっていますが、特異な鋭い感覚をお持ちの方ですが、彼の説明も一級品でしょう。

 そう無料で読めるのはもったいないものです。補助場の付近が対応していますが、これを読まれるのであれば、場の理論として最初から順に全てを追って読んでいかれるのがいいと思います。おおきなお世話かな?

          TOSHI

投稿: TOSHI | 2007年11月10日 (土) 09時44分

明男さん、TOSHIさん。有難うございました。
ところで、本件について勉強するには、以下の文書が凄く分かりいやすいような気がしたのですが、いかがでしょうか?
http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~maeno/field.pdf

投稿: 凡人 | 2007年11月10日 (土) 09時00分

 ども凡人さん。。TOSHIです。

 縦光子,スカラー光子については「中西-Lautrap場」をキーとしてしらべて見てください。

               TOSHI

投稿: TOSHI | 2007年11月10日 (土) 07時59分

>凡人さん
ここで議論することは失礼なので、詳しくは書けませんが、簡単に説明しておきます(というか、簡単な話じゃないのよ、これが。だから結局分からなかった、という訳です)。
では。電磁場を相対論的に明白に共変な形で量子化するには不定計量のヒルベルト空間が必要となります。そこでは光子は4種類の顔を持ち、2つは通常の物理的光子で、極性が2つあることに対応します。あとの2つは不定計量の所為でノルム(波動関数の内積)が負及び0の光子です。前者は物理的に有り得ず、ゴーストという、非物理的状態と解釈されます。後者は物理的状態ですが、ノルム0のため決して観測されず、クーロン力の交換力はこの光子によるものとされます。
そして、前者を縦(波)光子、後者をスカラー光子と呼びます。詳しくは場の量子論を学ぶしか無いですが、現代の主流と言っていいでしょう。

投稿: 明男 | 2007年11月 9日 (金) 23時36分

明男さん
「縦光子だのスカラー光子」ってなんでしょうか?
ど素人でも分かるよう教えていただけると、また寿命が延びた気持ちになれると思いますので、どうかよろしくお願いします。

投稿: 凡人 | 2007年11月 9日 (金) 21時41分

もちろんよ、たぶん夜は私の本名をしてる人はいない。

投稿: れな  | 2007年11月 9日 (金) 16時59分

 れなちゃん,もう、本名ばらしちゃダメよ。。

 ひょっとしたら今晩もお店に行くかも。。

         TOSHI

投稿: TOSHI | 2007年11月 9日 (金) 16時53分

  お久しぶりです。
 田辺さんの文章を何回も見ましたが、今日ははじめて、コメントを書いてます。
 もう、じもとに帰ってないのが、結構長かったんですね。

投稿: れな | 2007年11月 9日 (金) 16時49分

こんにちは。

某所では失礼な発言、お許し下さい。
酔生夢死は酒飲みの理想ですが、学生のとき、教官が酔っぱらって講義する(場の理論!)ので、縦光子だのスカラー光子だのが何なのか、ついに分からなかった明男です。
今思えば、素面ではやってられない事情があったのでしょう。湯川博士の最後の弟子(自分で言っていた)だそうで立派な変人でした。

古い話で恐縮ですが岡山と言えば「長門勇」を思い出します。私も二十年前頃、ここ(広島じゃけん)から岡山へ新幹線通勤していました。表町で飲んだくれて、倉敷で泊まり、新倉敷から新幹線で帰る、そんな日々でした。どうもシンパシーは土地(隣県)も関係してるかも。
どうぞ御母堂を大切になさって下さい。

投稿: 明男 | 2007年11月 9日 (金) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/8832866

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の雑感:

« Re.学問をするという贅沢 | トップページ | ベリーの位相とアハラノフ・ボーム効果(1) »