« 学問するという贅沢 | トップページ | 今日の雑感 »

2007年11月 7日 (水)

Re.学問をするという贅沢

 今日も手抜きというかちょっと変わった試みでお茶を濁したいと思います。

 前記事「学問をするという贅沢」というのは,盛り上がっているところには必ず水を差したい,あるいはベストセラーとか人気のあるものに対しては批判したい,という私自身の天邪鬼的な性格ゆえに,最初から皮肉を込めた内容ですが,実は私個人の問題としては,結構重たい話題です。

 しかし,他の当事者にとっては片腹痛いという程度の話に過ぎないと思われるので,この記事にコメントが付くことはあまり期待していませんでした。

 しかし,今日11/7になって,錚々たる面子のお二人にコメントを頂きました。

 ブログ記事へのコメントは,ブログは個人的な日記であって掲示板ではないということもあり,通常はアフィリエイト広告よりも下に申し訳程度に表示欄があって,気付かない人は通り過ぎてしまうような目立たないものですが,個人のブログだからといってコメントを拒否するはずもなく,私の場合は,むしろ歓迎しているつもりです。

 過去にも病気のお見舞いコメントや,結構貴重なご意見とそれに対する興味深いと思われるレスポンスが多々ありますが,私自身がただニフティのココログのテンプレートの形式に従って表示しているだけなので,コメントを目立たせるすべをよく知りません。

 そこで今回に限りブログの宣伝も兼ねて,コメントを本文として表示し,それに対する私の返答を記入してブログ記事にしてみました。要するに面倒臭いからという手抜きの1つです。

 まず,わか様のコメントです。

 ※ 当時のスオペです。

 あの頃からTOSHIさんには色々教えていただいていましたが,フォーラム運営の協力をお願いする気には全くならなかった理由がわかった気がします。

 当時は漠然とTOSHIさんは運営側に立つのが似合わないなぁ;と思っていましたが,そういう考えだったのをなんとなく感じ取っていたのかも知れません。※  

 私=TOSHIの返答をコメント形式で書きます。

 ども,わかさん,というより親しみをこめてBLIZZARDさん,

 こんにちは。TOSHIです。コメントありがとうございます。

 別に個人攻撃をするつもりはなくて単に当時のサロン的雰囲気全体について述べたつもりでしたが,結果的に責任者としてのシスオペへの個人攻撃になったとしたらごめんなさい。

 生意気なことを言えば,当時はBLIZZAEDさんにとっては,いわゆるひよこから脱皮するような時期だったと思いますが,今や趣味ではなく学問することが専門の仕事になっておられるのでそれを攻撃することはできません。

 自分の得意な分野を生かして,それを職業とすることまで批判するならば,スポーツ分野ですがイチロー,松坂,や中村俊輔など得意な才能を生かして活躍する人たちをも贅沢だと批判することになります。

 後のコメントで明男さんが述べておられるように,私の批判の対象になるか否かは例えば傲慢な雰囲気があるかどうか,というような非常にわずかな差の部分です。本人が気がつかないならそれで済むことでもあります。

 上述のような精神的な面とは別の側面ですが,例えばメジャーリーグに入った松坂のように100億前後という法外なと見える報酬を受けているとかの個々のケースの不公平感を批判しようと思ったことはありません。

 そうしたことを批判し否定するつもりなら,むしろ資本主義構造そのものを否定すべきです。

 そういう意味では,確かに私はそうした構造に対して否定的に考える思想の持ち主ではありますが,別に松坂らの個々人はそうしたスポーツのある分野の世界ではほぼ頂点のレベルにいるわけですし,不公平感を感じるとしてもそれは別段彼ら個々人の責任ではないと思います。

 日本のプロ野球人に限るならば2軍選手等も含めて,それで食べている人たちの総数で総収入を等分配すれば,日本人の平均的収入とオーダー的に比較できる程度だと思います。

 BLIZZARDさんも剣道をやっておられるからご存知でしょうが,私も高校時代は履修科目の勉強どころではなく,年間に4日の練習休みを除いては夏休みも日曜祝日も関係なく,当時はマイナーなスポーツでしたが人口だけは多い卓球に本格的に没頭して精進しているつもりでしたが,それでも高校の県大会においてさえトップグループには程遠い存在でした。

 それはそうでしょう。

 卓球部に属する高校生の皆がそうした努力をしていて,才能もバラバラです。

 種類は違ってもスポーツで頂点のレベルに達するには,もちろんそれに没頭できる家庭の金銭的余裕も必要でしょうが,お金では推し量れない才能+努力を必要とするはずです。

 まあ,そうした経験があるからこそ,スポーツの日本代表が国際大会で成績が不甲斐ないと感じても大して批判しようという気にはならず,彼らに対する見方は比較的甘くなってしまうようです。

 そもそも日本代表になることなどは,自分では想像もできないレベルの世界なのですから。。。

 脱線してしまいましたが,学問の世界でも,その道の専門家になるには,それに到るプロセスにおいて教育機関などに支払う費用ともちろん本人の並々ならぬ才能+努力に負うところが大きいわけです。

 それ故,一般的意味ではトップに立つまでの犠牲を考えると,単純に収入が多いことについてやっかむ必要はないと思われます。

 ただ,自分自身の好き嫌いの問題で言うなら,今だから言えることかも知れませんが,はるか遠くに目標を立てて,それに到達するために長い間ストイックな努力をする,という恐らく人間特有の生き方よりも,遠くの目標につながる場合もあって重なる部分もあるでしょうが,今現在を精一杯に生きるという刹那的な生き方の方に共感を覚えます。

 もっとも,これまでの私自身の生き方は,後者ではなく,残念ながら前者=「アリさんの生き方」の比重が大きいものでしたが。。。。

 ずいぶんと脱線して,例によって自己顕示欲だけのために自分の性格分析を書くというイヤらしい部分がそこかしこに出てしまいます。

 まあ,要するに盛り上がっているところには水を差したい,そしてある団体に属したとしても,主流派と反主流派があって双方の性格にあまり差がないようなときには,好んで反主流派に付くという,もって生まれたような反主流意識があるのかもしれません。

 もっとも酒の席では盛り上がる邪魔はしませんし,むしろ静かなら,宴会屋と化してしまいますが。。。

 では,いずれまたお会いしましょう。かつて飲み会で会ったときには面と向かって意見を交わすような機会がなく,こうした場でことさらに批判的なことを申してすみません。

 落ちこぼれの負け惜しみかな? 

                               TOSHI

 次に明男さんのコメントです。 

 ※失礼でなければいいのですが,やはり「孤高の人」だなあと思います。

 誰しも人に嫌われたくない.良く思われたいと思うことは自然で,何も恥じることではないと思うのですが,媚びることとの僅かな差が許せないのだと思います。

 学問に没頭するという事は一面では,学問に逃避することと同じかも知れません。

 昔風に言えば,「女房子どもを質に置いても」自分の信じる道を行く芸人みたいなもので,一方では尊敬され,一方では生活破綻者の烙印です。

 子どもの頃,「末は博士か大臣か」という言葉がありましたよね。

 名誉や地位は無条件に目指す価値のあるものと教えられ,疑問を持つことがなければ,単純であったのかも知れません。しかし,人生はそう容易いものではなかったことは,この年になると分かります。

 結局,この短い人生に何を選択して生きるのかは,自由ではなく,大きな制限(業かも知れない)の中で足掻くしかないのでしょうね。せめて,好きなように「足掻かせてよ」と言いたくなります(笑)。 ※

 そして私=TOSHIの返答のコメントです。

 ども明男さん,TOSHIです。コメントありがとうございます。

 つい夢中になって明男さんに対するコメントまでも,わかさんに対する返答の中にほとんど書いてしまったような気がします。

 確かに「末は博士か大臣か」というのは,TVの水戸黄門や暴れん坊将軍のように完全に善悪の黒白がはっきりしていると思っていたガキのころ=昔の感覚かもしれません。

 いつも思うのですが,私こそ失礼かなとは思いますが,明男さんは結構私と似た性格であるのは事実ではないかと思います。

 だからこそ私の記事の微妙な部分も察してもらえるのだと思っています。

 しかしいつも好意的なご意見ばかりなので,天邪鬼の私は逆に批判的なご意見も期待してしまうのですが,それこそ贅沢なんでしょうか。。

 わかさんと同じくいつかお会いしたいですね。  

                                  TOSHI

 これを書いている最中にもhirotaさんとはっしー帝国さんからコメントを頂きました。

 まず,hirotaさんのコメントです。

 ※私の場合は,科学は SFと同じで「こんな面白いことがある」と言いたいのが興味の理由なので,「おたく」としていやがられるのが大きいだろうと思っています。

 それでも「トンデモ」に行かないのは,トンデモはワンパターンになってツマらない,が理由)

 DHNOネタは特に面白くは感じなかったし,何度も聞くとウザイと思ったりしますが,「水酸化ヒドロニウム(今なら水酸化オキソニウムで,やっぱり水のこと,DHMO より前です)」がどうとか言ってた私には批判する資格がありません。※

 続いて,はっしー帝国さんのコメントです。

 ※TOSHIさんが心臓の病気で入院したとき,私も仕事の過労から頻脈発作と不整脈で苦しんでいて,仕事を辞めたばかりでした。

 原因は自律神経の失調だったので半年近くなろうとしている今は元気ですが,仕事は失業中のままです。

 私は,嘱託の外注のプログラマーなので納期,納期で忙しく深夜まで働いていたので何も考えなくて良かったのですが,現在,家計を切り詰め,不安の精神状態のまま自由人でいると,フィロソフィーも考えるし,物理の知らない計算の分野にも挑戦したり,「あれか,これか」実存主義者になったり鬱になったり躁になったり。。。

 TOSHIさんのこの記事を読んでシンクロしているなぁと思いました。

 あ!TOSHIさんの思ってることとは違っていました。

 でも何か何処かで共感します。 ※

 いつもなら,後のお二人にも個々にコメントするのですが今日はもう書きたいことは十分に尽くしたし,おそらく個人的なあいさつを除いては付け加える必要もないと思うのでこれで終わりにします。

 ただ,hirotaさんは私からみるとSFファンに例えるなら,かなりハードな人ですし,私のような変態オヤジにとってはほめ言葉である「おたく」としてもすごい人だと思います。

 また,はっしー帝国さんんもお体をご自愛ください。

 私も親切な方にネットショップの店長にして頂いていますが事実上は失業中です。                              TOSHI

 hirotaさんじゃないけど共感する意見ばかりだと拍子抜けします。

 たとえば陰口,悪口を平気で言うという文章なんかには,当然反論があることを期待して,予めそれに対しては,例えばあなたは聖人君子か,それとも神様か?と追求するような用意があったのですが,そうした私的な罠(と思っている)には誰もかかりませんね。

 書き忘れていましたが,クイズや試験が嫌いな理由も述べておきます。

 そもそもTV番組などのクイズや試験ならまだ許せますが,考え過ぎかもしれないけど既に正解を知っている誰かがいて,解答者を試して腹の中ではほくそえみながら他人に質問するというクイズとか試験などは私は嫌いです。

 先日もどこかのTV番組で有名なオランダのフェルメールの「牛乳をそそぐ女]という絵画について,どこがポイントか?というようなクイズをやってました。

 こんなのは正解などはないわけで見た人がどこをポイントと感じるかは自由ですからクイズにもならないと思います。これなんかはどうかしてますね。

 まあ,ちょっと見て,子供の頃大原美術館で見たエル・グレコの「受胎告知」のマリアのスカートの赤と同じく,スカートの青,というか色使いには感激しましたが,そんなのは自由ですよね。

 脱線しそうなので本当に終わります。

http://www.rakuten.co.jp/trs-kenko-land/「TRS健康ランド」-- 黒ウコン,SCS(洗浄剤)専売などの店:  私が店長 です。

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。)

にほんブログ村 科学ブログへクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング)

にほんブログ村 トラコミュ 物理学へ
    物理学

|

« 学問するという贅沢 | トップページ | 今日の雑感 »

005. 心身・思想・哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Re.学問をするという贅沢:

« 学問するという贅沢 | トップページ | 今日の雑感 »