« 電磁気学と相対論(6)(真空中の電磁気学5) | トップページ | 電磁気学と相対論(7)(物質中の電磁気学1) »

2008年6月 2日 (月)

生きている観音さま!!

 世の中には商売だけじゃなくて観音さまって本当にいるんですね。その観音さまに名刺あげてブログの宣伝してる俺ってバカじゃん!!

 アダルトでも何でもアリのブログもいいね。所詮は人間も動物。。。  

 ところで娼婦というのは太古からある職業の1つですね。日本なら遊女,巫女,白拍子,出雲の阿国と連想は果てしない。。

 "私が娼婦になったなら,いつでもドアは開けておく。。海からツバメが来るように~~ ,ラララララララララ~ ラララララララ~ ララララララ~ラーラー"(「私が娼婦になったなら」 寺山修司 作詞,浅川マキ 唄,作曲 より )

 全部が娼婦というわけではないけど,小説の中ではこの種の印象的な女性はマノン・レスコー,ソーニャやドロレス・ヘイズ(=ロリータ)ですね。

 高橋和己の小説「邪宗門」の「ひのもと救霊会」は出口なお,出口王仁三郎の「大本教」がモデルになっているらしいのですが,その「お筆先」の中にも男を無償で受け入れ梅毒で死んでいった"生き神様"の話がありましたね。

 実在した女性だとガロアが決闘で死ぬ原因を作ったと言われているココット(高級売春婦?),聖書だとサムソンを騙したデリラ,出エジプトのジェリコ(エリコ)の壁のラハブ,洗礼者ヨハネの首を望んだサロメ,そしてマグダラ(マグダレナ)のマリアなどが代表的でしょうか。。

 緊急告知!! Attention!! [広告宣伝]です。

 「TRS健康ランド」では2008年1月10日よりお徳用SCS500mlを新発売!!当店の専売です。

 そこのお酒のみの方,いろいろと飲食の機会の増えたあなた、体によいし特に肝臓によいウコンがいいですよ!! そして特に今回提供する沖縄原産の純粋な黒ウコンは当店が専売の新製品ですが古くから沖縄地方ではいわゆる男性機能に効果があると言われています。

 おやおや、そこの静電気バチバチの人、いいものありますよ。。。

 それから農薬を落とした後の皮がピカピカに光っているリンゴなど商品として販売する際の見栄えをよくするなどのために化学処理をした食品を安全に洗浄する新商品の洗浄液SCSはいかがですか。。。

 http://www.rakuten.co.jp/trs-kenko-land/  健康関連商品の店「TRS健康ランド」-,黒ウコン,SCS(洗浄剤)などの専売店  ← この店は私TOSHIが店長をしています。

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。 

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックすると人気blogランキングに跳びます。)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 物理学へクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング投票です。1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックするとブログ村の人気ランキング一覧のホ-ムページームに跳びます。)

|

« 電磁気学と相対論(6)(真空中の電磁気学5) | トップページ | 電磁気学と相対論(7)(物質中の電磁気学1) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

 ども明男さん,コメントありがとうございます。TOSHIです。

 観音様は菩薩様の一種なので,どちらかというと男性だそうで,弁天様=弁財天のような性別のはっきりした神様のほうが適当でしたね。。。

 もちろん,下ネタを意識して書いたので,後付の薀蓄は高尚ぶった能書きです。

 まあ,頭でっかちになっても,ちゃんと動物として自然に子孫ができて滅びないようにと男性ホルモンと女性ホルモンという形で神様が与えてくださった性的な快楽を自ら軽蔑しちゃあいけないよ,という感覚でしょうか。。。

              TOSHI

 

投稿: TOSHI | 2008年6月 6日 (金) 11時41分

観音様と言えば・・・下ネタになりそうなので、自粛してっと。別な観点から。
観音様は実は男性ですから、女性になぞらえられるのはちょっと不本意でしょうね。
マリア様だって、処女なわけですから、永遠の憧れとなると、とどのつまりは絵に描いた餅・・・おおっと、怒られそう。
そうすると男にとっての理想の女性像としてはやはり血も肉もある実体として或る意味の娼婦が残ることも宜なるかなです。
愛のない行為が自○と変わりない、などと言うことがありますが、人と人の触れ合いはそれほど単純なものでもないでしょうね。精神的に触れ合うことが大きな意義を持つならば、肉体的接触を含むそれが、より劣るということもないはずですよね。
しかし、純粋で高潔で遍く慈悲を垂れたもうような女性がいたら、自分の方が辛くなって、穴に潜り込みたくなるだろう、と思いますねえ(やっぱり下ネタ、笑)。

投稿: 明男 | 2008年6月 5日 (木) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/21345837

この記事へのトラックバック一覧です: 生きている観音さま!!:

« 電磁気学と相対論(6)(真空中の電磁気学5) | トップページ | 電磁気学と相対論(7)(物質中の電磁気学1) »