« 我が半生の回顧 | トップページ | (続)ただいま旅行中(帰京しました。) »

2008年6月12日 (木)

ただいま旅行中

 お久しぶりです。

 モバイルノートを持って西に出かけて行きましたが,実家のある岡山県新倉敷の田舎ではe-mobileの中継ターミナルがなく,しかもどこかの店にショッピングに行くにもその隣の店が1kmも離れていました。

 地元の人は子供と老人を除いてほとんど自前の車で移動するようで,少なくとも自転車が必要という土地柄ですから,"よそ者"の私は徒歩で歩き回って自宅からかなり離れたホーム・センターの隅にやっと1つだけネット・カフェを発見した頃には疲れきっていて長時間居座るほどの余裕もなく,結局, 6/9 昼から, 6/11 夜まではネット通信ができず,通信依存症気味の私はずいぶん困りました。

 6/6の午後3時頃の新幹線で新大阪に向かい,夜8時頃西宮の姉の所に着きました。

 そこには未亡人の実姉と姪だけがいて,甥は別のところに住んでいるので空いていた甥の部屋に3日間泊まりました。

 彼女たちと会うのは父の33回忌(平成9年4月)以来ほぼ11年ぶりでしたが,そのとき会ったのも1,2日のことで,あり,実質的に姪に会うのは私が関西の大学で学生をしていた時代前後の約30年前の4歳か5歳の頃(何?歳がばれる?)で,まだ親のひざの上にすわってキョトンとしていた頃ですから,ものごころついてからは初対面のようなものです。

 しかし,やはり血は水よりも濃いのでしょうか,すぐ仲良しになりました。

 しかし最初のうちは「オジサン」付きでしたがやがて「としちゃん」とタメ口の呼び方になってしまいました。

 2日目は阪急電車でわざと鈍行に乗って,昔降りたことのある駅名を見ながら神戸三宮まで行きました。

 1995年1月の震災より後には来たことがなかったのですが,花時計のあたりの道路が広くなっており,生田神社も昔より大きくなったような気がしました。

 ここら辺は昔は生田区と呼んでいたはずなのに長田区や垂水区なども含めて中央区と変わっていました。

 昔,このあたりの予備校で講師をしていた2人の先輩と30年ぶりに会えるかと探しましたが,もうその予備校自体が存在していなくてその2人ももういないとのことでしたが幸いHさんという1人の先輩とは連絡が取れて夜7時から10時まで「海鮮なんとか」という居酒屋で飲みながら昔話に花が咲きました。

 谷川(安孝)先生,北添(徹郎)先生,渡辺(正)先生の思い出.その他,麦林先生,谷内先生,嶽先生などの話も出ました。

 実はもう1人のN先輩とも連絡が付いて昼間ですが今日(12日)に梅田で会う予定です。

 その昔は,数週間あるいは数ヶ月(といっても1~2回/週ですが)の集中講義がよくあったのですが,私は聴講生も含めて3年間在籍していただけで東京に行ってしまいましたから,それほど多くの先生の講義は受けていません。

 しかし,当時のここの素粒子論研究室には元々私自身も含め毎年2~3人しか同級生がおらず,卒業生全体もまだ少なかったからでしょうか,卒業(修了)して別に職があっても,自分の部屋とその中の机をそのまま残して通っていれば,無給の副手という形で居残れる慣例があったのです。

 (近くであれば私もそうしたかもしれません)

 H先輩は予備校講師をしながらも数年間は在籍していたらしく,私が覚えていた集中講義は,内山(龍雄)先生,中村(誠太郎)先生,西嶋(和彦)先生くらいなのに対し,H先輩は佐藤文隆先生や集中講義ではないらしいけど晩年の湯川(秀樹)先生にも直接会ったらしく少しうらやましかったです。

 H先輩は大学生時代には空手部だったということで,それを裏付けるような武勇談も話題に上りました。(といってもかなり危ない話ですが。。)

 昔,大阪梅田(ウメダ=キタ)の「正宗」という居酒屋の2階で私も含め4人で飲んで盛り上がり,初めて会った龍谷大の学生2人とも意気投合して放歌高吟していたところ,たまたま居酒屋の女性にお酌をしてもらったのが気に入らなかったらしく,その座敷の向かいで並んで飲んでいた「山口組」らしい男4~5人,と連れの女2~3人の集団客の一人が「殴りたい」と言って立ち上がり,兄貴分のような人が止めて「やめろ,俺に殴らせろ」という事態になりました。

 ,階下からあわてて板さんなどが飛んできて「逃げろ」と叫び,すぐに大阪の機動隊が来たという思い出を思い出しました。そのときは機動隊に会うのも久しぶりでした。。。

 そのときも例によって私は逃げ足が速かったのですが,宇宙線研究室のO君が前歯を1本折られ,H先輩は髪をつかまれたのでやむなく相手の人中に正拳を入れたので相手が鼻血を垂らしていた記憶があります。

 結局,「双方とも手を出していないな?」(鼻血出したり,歯折られたりしてるのに。。)ということで解放されて,O君を蛍池の彼の自宅まで送って帰りましたが後日O君のみ事情聴取されたらしいです。

 まったく運の悪い人でした。

 この地での学生時代にやったアルバイトは家庭教師と特定予備校講師,そして春,夏,冬休みの他予備校の特別講師だけでした。まあ地方の大学生時代よりも報酬が高くて,こうした商売と奨学金だけで十分食べていけましたね。

 この時代の家庭教師の相手としては,芦屋のマンションでの甲南女子中の2人と逆瀬川にいた雲雀ヶ丘高校から報徳学園に転校した男子1人と,御影にいた灘高生でテニス部に入っていて,テニスと勉強を両立させたかった男子1人しか記憶にありません。

 とにかく私は数学と物理しか教えられませんから,それを教えていただけです。甲南女子中の二人は休憩時間には宝塚歌劇のことに夢中で他は「out of 眼中」のようでした。報徳学園に転校した彼は能力ではなく緊張すると胃腸がおかしくなるという性格が問題なので,そもそも私の力の及ばないところにいました。

 これら前者2組の家庭教師は結局,短期で終わりましたが,最後の灘高生のH君は住友重機の重役のお孫さんとかいうことで,当時東大から来た先輩のTさんに紹介され,結局ちょうどH君の高校3年間と私の在籍した3年間とが一致したたという偶然のために長期になったのでしょう。

 彼の妹も神戸女学院の高校生で,彼女をもごくたまに教えていましたね。

 そして,H君は現役で理科一類に合格しました。

 決して私のせいではなく本人の実力ですが,私は特別のお礼をもらい,私も東京に就職が決まっていて彼のお母さんから「東京でも付き合ってやってください」などと言われましたが,金持ちの御曹司の東大生と付き合うなど真っ平なのでお断りしました。

 その家が阪急御影駅付近にあるはずなので,なつかしくてそのお宅のそばと思われる辺りをぶらついてみました。。(つづく) 

 緊急告知!! Attention!! [広告宣伝]です。

 「TRS健康ランド」では2008年1月10日よりお徳用SCS500mlを新発売!!当店の専売です。

 そこのお酒のみの方,いろいろと飲食の機会の増えたあなた、体によいし特に肝臓によいウコンがいいですよ!! そして特に今回提供する沖縄原産の純粋な黒ウコンは当店が専売の新製品ですが古くから沖縄地方ではいわゆる男性機能に効果があると言われています。

 おやおや、そこの静電気バチバチの人、いいものありますよ。。。

 それから農薬を落とした後の皮がピカピカに光っているリンゴなど商品として販売する際の見栄えをよくするなどのために化学処理をした食品を安全に洗浄する新商品の洗浄液SCSはいかがですか。。。

 http://www.rakuten.co.jp/trs-kenko-land/  健康関連商品の店「TRS健康ランド」-,黒ウコン,SCS(洗浄剤)などの専売店  ← この店は私TOSHIが店長をしています。

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。 

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックすると人気blogランキングに跳びます。)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 物理学へクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング投票です。1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックするとブログ村の人気ランキング一覧のホ-ムページームに跳びます。)

|

« 我が半生の回顧 | トップページ | (続)ただいま旅行中(帰京しました。) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、明男です。

西の方と書かれていたので、岡山へ帰られるのかと思いましたが、立派(?)に彷徨しておいでのようで、ぽっけー安心しました(笑)。

20年ほど前、新倉敷にはあの閑散とした新幹線ホームへ何度も降り立ちましたね。当時は今に比べれば私も元気でしたので、水島のあたりをうろつきましたが、静かな街だった記憶しかありません。夜なんか星空もきれいだった気がします。社会の授業では水島コンビナートとして教わり、大工場地帯を想像していたのですが、錆びた鉄塔の群れや、細くたなびく煙突の煙など、どちらかというともの悲しい景色に思えましたね。もっとも、自分の精神状態の方が問題で、気分がそう見せていただけかも知れませんが。
では、また。

投稿: 明男 | 2008年6月12日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/21579478

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま旅行中:

« 我が半生の回顧 | トップページ | (続)ただいま旅行中(帰京しました。) »