« 分子と点群(1) | トップページ | 分子と点群(2) »

2009年2月25日 (水)

犯罪は社会の縮図?

 ごく最近の江東区の殺人事件の裁判の判決など現今の犯罪について,恐らくは社会の世論よりも私が加害者,犯罪者に同情的,または加害者に甘い理由は,私自身がそうした犯罪を犯す可能性が多々あると思うこともありますが,残虐だと思える殺人も含めた,あらゆる犯罪はいわば現代の社会の縮図であると思う傾向が他人よりも強いからだと思います。

 "存在が意識を規定する"とはいっても,個人の愚行,または善行が必ずしも100パーセント社会環境に左右された結果であるとは考えていませんが,犯罪については,被害者に同情するのはもちろんですが,加害者についてももしも彼がそういう境遇でなければそういう行為に及ばなかっただろうと思うからです。

 例によって飲み屋で"一人でも殺したら,死で償うこと,死刑が当たり前だ"という主張に,"じゃあ死刑執行人や死刑を命令した法務大臣も全員死刑だね"とか,"正当防衛だろうが身内を殺された仇討ちだろうが皆死刑だよね"とかチャチャを入れて,相手の主張が例外だらけになる,というたわけた会話でお茶を濁しました。

 若い頃に考えていた思想は”あらゆる犯罪は革命的である(平岡正明著=現代評論社)”とか”造反有理"とかというものでした。

 つまり,"「個人の利益」よりも「公共の利益」が優先するという論理で"三里塚"とか"砂川”とかに代表されるように公権力が強制的に土地を簒奪するというような,「ゆがんだ社会」においては,ゴミを捨てるとか立小便をするとかあるいは暴走族のように騒音を立てるとかの,たとえ小さなことであっても,現行の社会秩序を守ろうとする保守的な動きに反対してそれを乱す行為は全て社会を変革することにとって意味がある,どう変えるかも大事だがとりあえず壊さなければはじまらないというような単純な発想でした。

 当時,それほど深い思慮も無いスネカジリのくせに"三里塚"に関わったのは,他の多くの同志と同じく,そもそも不毛な関東のシラス台地を開墾してまで獲得した農民の命とも言うべ土地,農地を暴力で無理やり奪ってでも国際空港をつくるという「公共の利益」の公共とは一体誰の利益なんだろうか?と疑問を持ったからでした。

(40年くらい前は,大阪万博前で海外旅行もまだまだマイナーの時代でした。まあ,だからこそというか,当時日本は経済成長を目指していたので空港を作るということが前提であるなら,「成田空港」は必要でしたし,そのためには東京近郊のどこかが「犠牲」になる必要がありましたが。。。。。。

 いずれにしても,おそらく自分らの階層では使わない空港を作るため,「一体,誰のため」に三里塚芝山は「貧乏クジ」を引き,その上抵抗すると世間から白い目で見られなきゃならないのか?と思ったものでした。。。

 (なんで,基本的な生活権(大多数にとっては「対岸の火事」のごく一部ですが。。)を侵害してまで小市民(プチ・ブルジョア)の「文明開化」を"ことさら急ぐ"必要があるのか?とね。。。

 結果論ですが,1960年代から現行までのように急激な経済成長を目指すのではなく,もっとゆっくりとした成長であった方が,カタストロフ(破局)はもっと先送りになって,ずっと遅れたでしょうネ。。。。)

 実際,過去の戦争でも,多くの人が「お国のため」という名目で命まで捧げましたが,公共の利益のため,国益のためという言葉に,過去の「お国のため」という「お国」と共通な響きを感じたというのもありましたね。

 理想的社会というのはないとしても,社会が理想的に近いなら保守的であること秩序を守ることこそ善行であり,造反は悪行でしょうが,もしも逆の社会であったなら,政治犯だけでなくてあらゆる犯罪はむしろ善行ではないか?とね。

 極端な例なら江戸時代の初期にキリシタン一揆である島原の乱を起こした当時の「大罪人」天草四郎時貞とかの例や,絶対専制政治下での最初のフランス革命の発端が,現在では刑務所と呼ばれるバスチーユ監獄の解放から始まったことなどを挙げることもできます。

 普通は,精神的な奇形でなければ現在の比較的民主的な社会での犯罪にも理由があります。

 私自身は,むしろ今のところ犯罪を犯さなくても人並み以上の暮らしを送ることができている身の上を幸せと思います。

 何が幸せか?というのは人それぞれ違うのもわかりますが,少なくとも幸せであれば,ワザワザ犯罪を起こしたりしないだろうと想像するからです。

 かつて,連続殺人で死刑になった永山則夫 著の「無知の涙」を読んだ頃に感じたものですが,薄幸な生まれで親には愛されず年端もいかない頃から沖仲士として働き,東京に出てきて金も希望もなく人を殺し刑務所の中でほんの少しだけ人間らしい生活をした後に,最後には死刑になるという彼の人生は最初から最期まで悲惨なものだったと同情しました。

 本人も,薄幸だとか貧乏だとかいう境遇が人を殺したという罪の免罪符にはならない,と書いてはいますが,私はタラレバはないとはいっても,むしろそうした境遇になったことも無いわが身の方を"恥ずかしながら幸せに生きている"と感じました。

 ダイエットだグルメだと騒ぎながら,貧乏だというくらいで自分は政治や時代の被害者であるなどと考えるけれど,今の時代であれば物質的な意味ではアフガンや北朝鮮ではなく,家がなくて凍死することはあっても,めったに飢え死にはしないだろうこの飽食日本に生まれただけで,私は幸せだと思います。

 一方,理由もなく殺人を犯すほどの精神的奇形の人も中にはいるでしょう。

 肉体的に障害があったり,肉体的に奇形で生まれた人がいた場合,「可哀想」という同情的感情は起こっても,「殺してしまえ」とかいう感情は家族とか当事者とか別の事情があるような少数の人だけにしか起きないと思います。

 しかし,精神的奇形が原因では?と思われるような犯罪が起きた場合には,恐らくは理由も考えずに犯人を「殺してしまえ」とかの大合唱になることが多いと私は感じているので,逆に「可哀想」という同情的感情が湧くというのは,私自身が奇形なのか単なる天邪鬼であるからかも知れません。

 実は殺人を犯すほどの精神的奇形の人を「殺してしまえ」という意見には,私も少なからず賛成なのですが,それは同情的理由によるもので恐らく普通とは理由が違うぞと慢心しています。

 社会に不適応であることは,本人にとっても不幸なことですし,受け入れてもらえないなら社会にお別れするという選択肢もアリかなと思いますね。

 自分が不幸な場合に他人の不幸を自分の幸せと感じたり,他人の成功にヤッカミを感じたり,弱い者イジメをするのは,それこそ動物としての全く本能的な自然な感情と思います。(”衣食足りて礼節を知る"ですよね)

 それに自分の是とするものや自分がこう在りたいと思って実行することは自分の問題であり,そもそも自分と他人とは別ものです。しかも私は清廉潔白な聖人君子じゃないし,他者にもそうせよ要求しようとは全く思いません。

 しかし,「北風と太陽」ではないけれど,殺伐として他人を呪うよりも,もっと他人にも優しくしませんか?と同意を求めるだけです。

 衣食の足りない私が言ってるのですから,説得力あるでしょ?

 (別の一面では,"人間は優しくなってはいけない。常にハングリー精神をもってドリームをつかめ"というのもありますが,それは社会的側面とは違う実存的な側面ですね。(ニ元論的発想=別名は日和見主義とか二枚舌といいます。)

 両者が矛盾しないためにはチェ・ゲバラのようになる必要があるかな?

 まあ人間は矛盾した存在です。←エラそうだねー。)

 ついつい幸せの閾値が高くなって,現況に満足できなくなったのが不幸の始まりではないかなどと思う今日この頃です。

 今まで幸せだった罪を恥じて,テポドンの餌食になってもいいかな?などと思ったりします。← キレイごとばかり並べてやがるけど。。それはウソだろ?

 防衛庁だかなんだかのキャリア官僚が,さんざん汚い蓄財をしてバレても平然としていられるのは,恐らく自分たちには元々そうする既得の権利があるのが当たり前だとかで,いわゆる世間の"下等動物たち"にそれを断罪されても屁でもない。というような感じなのかな?

と想像してしまうのですが,私はそれさえも造反有理="あらゆる犯罪は革命的である"の例外にはしません。

 クリスチャンではないけれど,"汝の隣人を愛せよ"までは言えても"汝の敵を愛せよ"とまでは言えないのが人間ですよね。。イエスのこの言葉は親鸞の"善人なおもて往生を。。。"というのとも通じるのかな?

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックすると人気blogランキングに跳びます。)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 物理学へクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング投票です。1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックするとブログ村の人気ランキング一覧のホ -ムページームに跳びます。)

 Attension!! 広告宣伝です。

 http://www.rakuten.co.jp/trs-kenko-land/  健康商品の店「TRS健康ランド」- SCS(食品洗浄剤),黒ウコン,酒の帝王,鵜鶏王などの専売店  ←この店は私TOSHIが店長をしています。(楽天ショップです。TRSのTはTOSHIのTです。)

 

「TRS健康ランド」では2008年1月10日よりお徳用SCS500mlを新発売!!当店の専売です。

 そこのお酒のみの方,いろいろと飲食の機会の増えたあなた,悪酔いを防止すると言われているウコンがいいですよ!! そして特に今回提供する沖縄原産の純粋な黒ウコンは当店が専売の新製品ですが古くから沖縄地方ではいわゆる男性の力に効果があると言われています。

 おやおや,そこの静電気バチバチの人、いいものありますよ。。。

 それから農薬を落とした後の皮がピカピカに光っているリンゴなど商品として販売する際の見栄えをよくするなどのために化学処理をした食品を安全に洗浄する新商品の洗浄液SCSはいかがですか。。。農薬ジクロルポスも食品専用の洗浄液SCSで落ちて安全になります。(厚労省試験済み)

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

iconDell-個人のお客様ページ

(Dellの100円パソコン(Mini9)↓私も注文しました。)

デル株式会社

ヤーマン プラチナゲルマローラー 1日3分コロコロエステ!ローラー型プラチナ配合美顔器  

ブックオフオンライン 

お売りください。ブックオフオンラインのインターネット買取 展開へ! ▼コミック 尾田栄一郎 「ONE PIECE(52)」 icon ▼コミック 「ONE PIECE」をオトナ買い icon

三国志特集 ▼コミック 横山光輝 「三国志全巻セット」 icon 「三国志(文庫版)全巻セット」 icon  「三国志(ワイド版)全巻セット」 icon  ▼書籍 「三国志」/吉川英治 icon  「三国志」/北方謙三 icon  「三国志」/宮城谷昌光

iconオンライン書店 boople.com(ブープル)

|

« 分子と点群(1) | トップページ | 分子と点群(2) »

006. 社会・経済・政治」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪は社会の縮図?:

« 分子と点群(1) | トップページ | 分子と点群(2) »