« 毎年恒例の巣鴨盆踊り | トップページ | 神の摂理か? »

2009年8月 2日 (日)

とうとう命運尽きたか?

 ちょっと,「非線形波とソリトン」からインスタントン,線形格子や非線形格子(戸田格子),そしてφ4-理論からヒッグス機構との関連や格子の場の理論(格子ゲージ理論),あるいは「くりこみ」における格子正則化などの情報を仕入れたり,関連して,くりこみ群の復習などしていました。

 結局,自分がオリジナルな発想と思っていて,来年,還暦を機に久しぶりにこれらを論文にでもしようか,と考えていたことのほとんどは既に存在しているアイデアであったということに気付いてしまいました。

 舞い上がっていたのは自分ひとりだったようですね。しかし,まあ,考え方の本筋は主流からはずれていなかったわけです。

 というわけで,しらけたこともあり,物理や数学関連の記事については,少しの間勝手に夏休みを頂いています。

 ところで,長い糖尿病のおかげで,両足のふくらはぎから下が壊疽で切断とまではいかないまでも,閉塞性の動脈硬化が進んでいるらしく,検査によると特に右足がひどいということです。

 動脈血管の石灰化が強くなければ,足の付け根から動脈にカテーテルを入れて,動脈血管をバルーンで膨らませ金属のステントを入れる方法とか,バイパス手術をするとかの方法での治療があるらしくそれらの施術,手術は簡単なところでは1日か数日の入院でできるとのことです。

 しかし,これが原因?で下手をすると心筋梗塞を起こすらしいです。

 私の場合は,2年以上前に既に2回心筋梗塞を済ませているし,心臓バイパス手術も終わっているので,それは逆のパターンかもしれません。

 心臓じゃなく足なので,まだましだろうと軽く考えていましたが,ちょっとネットで調べてみると,動脈硬化は大腸がんよりも施術後の延命率が低く,手術後平均2年の命とか,5年後での生存率が44%とか。。。

 これらの数字は,故村田英雄さんのように,壊疽で足を切断した場合のそれじゃないのかなあ?

 いずれにしても,命は10年持てばいいみたいです。

 ただ,遺伝子治療というのがあり,逆に動脈血管の石灰化が強くて手術が不可能な場合などにも,自分の骨髄とか他の内臓細胞を動脈注射して,動脈血管の再生を促す治療もあるらしく,末期がんのワクチンのように延命の特効治療的なものもあるみたいですね。

 まあ,いとしのマリア様からも久しぶりの便りがあったし,そろそろ天国(地獄?)も近づいてるのかもね。。。(永眠したい?)

 少し功徳を積んで,今は博多にあるという「イエスの方舟」でも継ぐかな?。。

http://folomy.jp/heart/「folomy 物理フォーラム」サブマネージャーです。

人気blogランキングへ ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックすると人気blogランキングに跳びます。)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 物理学へクリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング投票です。1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックするとブログ村の人気ランキング一覧のホ-ムページームに跳びます。)

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

iconDell-個人のお客様ページ

(Dellの100円パソコン(Mini9)↓私も注文しました。)

デル株式会社

ベルーナネット(RyuRyu)  ベルーナネット

ヤーマン プラチナゲルマローラー 1日3分コロコロエステ!ローラー型プラチナ配合美顔器  

ブックオフオンライン 

お売りください。ブックオフオンラインのインターネット買取 展開へ! ▼コミック 尾田栄一郎 「ONE PIECE(52)」 icon ▼コミック 「ONE PIECE」をオトナ買い icon

三国志特集 ▼コミック 横山光輝 「三国志全巻セット」 icon 「三国志(文庫版)全巻セット」 icon  「三国志(ワイド版)全巻セット」 icon  ▼書籍 「三国志」/吉川英治 icon  「三国志」/北方謙三 icon  「三国志」/宮城谷昌光

iconオンライン書店 boople.com(ブープル)

|

« 毎年恒例の巣鴨盆踊り | トップページ | 神の摂理か? »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

 明男さん,TOSHIです。いつもいつもご心配?ありがとうございます。

 死ぬよりも前に目をやられると生きてる意味と楽しみの大半がなくなるので困ると思ってましたが,足はなくなって車いすでもいいと軽視してました。。

 しかし,むしろ足は危険で足と共に命がなくなる確率が高いらしいですね。。

 インフルエンザもあるし,確率は大きくなってますが,脳天気な頭のせいか?知り合いからはそういうやつに限って長生きすると褒められて?います。

 (憎まれっ子夜にハバカリ?サブーー)

 イヤ自ら命を縮める気はないですが,肉体的に痛いとか苦しいのは恐らく堪えられないので,そのときはポックリを希望します。

          TOSHI

投稿: TOSHI | 2009年8月31日 (月) 18時47分

TOSHIさん、明男です。

また勝手に心配している訳ですが、今や透析患者の半分以上は糖尿病患者で、私の周りにも壊疽で脚を切断した例が多くありました。徒に不安を煽る事は言いたくないのですが、そのような人達は多くは長生き出来ませんでした。極力清潔にしてばい菌の入らないように気を付けて下さい。巻き爪から来ることが多いですが、外傷も心配です。私も他人事でなく動脈硬化と石灰化がありますが、レントゲンを見るとぞっとします。足は第二の心臓と言いますよね。お互い、寿命であれば仕方ないですが、好んで縮み参らせまさぬよう、御自愛下さい。

投稿: 明男 | 2009年8月 5日 (水) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/30795809

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう命運尽きたか?:

« 毎年恒例の巣鴨盆踊り | トップページ | 神の摂理か? »