« 今朝の朝食 | トップページ | 積分方程式(1)(導入) »

2009年8月29日 (土)

自分の家系(ルーツ)

 1977年に就職のため27歳で東京へ来て後は,2007年大病をするまでは,家族とか血のつながりとは無縁の生活だったのですが,もう先は余り長くないし,ブログネタもないので,それほど興味ないし面白くもないけれど血縁としての自分のルーツを知ってるところはそのまま,知らないところは推測してみます。

 1965年(昭和40年)の父46歳,母44歳のとき,私が15歳で中三から高一になる4月1日に父が病死してしまったため,兄や姉は血縁についてある程度知っていたらしいのですが,私は4人兄弟の末っ子で世間知らずだったため,父方や母方の系累がどうなのか未だに詳しくは知りません。

 私は岡山県倉敷市(旧玉島市)の出身で田辺姓なのですが,父は元々福田姓,母の旧姓は貝谷という珍しいものだったらしく,父は兵庫県は明石出身,母は和歌山市の和歌浦というところの出身で2人とも関西人らしいです。

 田辺という姓は,福田家が貧乏で中学校に行けなかったので父が小学校5年のときに,子供のなかった父の伯母(実母の姉)のところに養子に来たところから始まっているらしいです。

 父は中学校といっても岡山の第一商業学校(現:岡山東商業高校)に入学して卒業したらしいです。ちょうど父の命日昭和40年4月1日に平松投手を擁して母校の岡山東商が春の選抜高校野球で全国優勝したのは奇偶でした。

 卒業後の戦前には大阪の高島屋に就職したらしく,そこに勤めている間に戦争が始まり,その頃に大阪あたりで母と知り合って,父22歳,母20歳のとき長兄を妊娠して,できちゃった結婚?をしたらしいのですね。

 私より8歳上の長兄は父23歳,母21歳の年の3月が誕生日ですから一応勘定は合うようです。

 そして父方の継父の田辺家が公務員や政治家の家系だったらしく高島屋をやめて岡山県に帰りそこの地方公務員になることが結婚の条件だったらしいですね。当時の商業学校が中学と同じく5年制なら17歳か18歳で就職してるはずなので高島屋にいたのは5年くらいでしょうか。。

 昭和40年父が亡くなったときに地方公務員としては勤続24年で退職金が134万円とか云ってましたから,これも勘定が合います。

 最後は第一係長でしたが健在なら4月の人事異動で課長になる予定で,これを楽しみにしているうちに死にました。

 その頃の父の年収は,税込みで77万円というのを死後2,3年前頃に子供ながら源泉徴収で覗き見したような記憶があるので,134万というのは給料の2年足らず分くらい(今で云えば一千万円くらい?)の額なのでしょうね

 父の死因は肝硬変ですが酒もタバコもまったくやらず仕事人間で晩年は夕食時に「養命酒」を飲んでましたが奈良漬けでも少し赤くなるくらいの下戸だったと記憶しています。

 過労のため持病が再発したとのことで,殉死扱いらしく有志のカンパなのか官庁からの金一封なのか退職金の他に30万円也をもらったらしいです。

 若い頃なぜ肝臓が持病になったかは知りませんが,そのために熱を出したとかの病気が理由で,戦時中徴兵されていた軍隊で最後に撃沈された沖縄に向かう護衛艦から途中の松山で降ろされたせいで生き残り,幸か不幸か戦後私が生まれてきたのですから困ったものです。

 子供ながら,当時から詮索好きだったので,こういうことなどを聞き出して何となく覚えています。

 父は,生きていれば退職後に知事になることが目標だったらしいです。

 実際"父方の継父=私の祖父"の兄弟で,姓は違うけれど名前が祖父の元三郎と同じく,元の入った元彦おじさん(私の大伯父)は,父が亡くなる前から兵庫県知事でしたし,私が東京に出てきた頃は,彼は大平内閣の長官(大臣)になっていました。

 祖父=元三郎は幕末には郷士だったらしく,明治になってから武家の商法で造り酒屋を始めたのでしょう。

 私は祖父のことは戦時中に亡くなったとのことで全然知りませんが小作人のいる地主だったらしく戦時中も農家じゃないので米はなかったけど味噌や塩などはヤミで買い出すこともなく逆に近隣に分けたらしいです。

 私の家のお墓に行くと,すぐ隣のお墓の地所が,本家の田辺家の墓ということですから,分家なのでしょうね。

 私の父が亡くなった後は,収入が恩給?だけなので貧乏な母子家庭になり,姉の結婚の際などには,実家の敷地内の土地を売ったりしたらしいですが,それでも,まだ実家の塀で囲まれた裏庭が残っていて,その中だけで犬を散歩させたり,また私が子供の頃自転車に乗る練習したのも,車の来ない庭の中でしたから家屋敷は長い塀で囲まれてかなり広かったです。

 その裏庭でよくかくれんぼや砦ごっこなどで遊んでいました。狭いけど車が通る心配がないので中で野球もしました。柿や石榴の木もあって採って食べたりしましたね。今は一部貸駐車場にしているみたいです。私は財産放棄しているからこれらは全く関係なしですが。。。

 ここは戦時中には小さいけど軍需工場に使われた痕跡もあり,結構色々な塀の出入り口から家に出入りしていましたが今思うと無用心です。

 暮には,よく知らない旧小作人の人が地代とかいって五百円とか千円を持ってきていたみたいだし,まだ,バキュームカーもなかった昔の家の便所の汲み取りに,かつて使用人だった人とか毎月来られていました。

 どこかに家族が誰も知らない山林が登記されているのかも。。固定資産税が高かったみたいだし。。

 なぜか,私が○○オジさんとかいって慕って,その子供さんとも兄弟のように幼い頃から遊んでいた人がいましたが,実はそのオジさんが地主だったころの家の使用人だったとかの理由だと後で知ったりもしました。

 その後,そんなことは関係なく彼とは小学校の同級生としても友達でした。

 父は県の公務員でしたが,私の実家は地元では篠本屋(ササモトヤ)という屋号で呼ばれていて,造り酒屋はやめても酒や味噌,塩を売る権利は残っており,父の公務員の副業として酒類の小売店でした。

 というわけで小学生以下の頃から正月や祭りなど酒少し味見してましたが親兄弟で私以外は酒はほぼ下戸みたいです。

 祖父の名前が元三郎なので,私の次兄の名前は三男でもないのに元三です。三男の私は祖母が俊恵というので,俊のついた名前になりました。末っ子の名前などいい加減なもんです。聞くところによると最後は女を期待してたのに男だったらしいです。

 私は父が亡くなってから奨学金などで大学進学したので,よく知らないのですが上の男二人は親から官僚,公務員または代議士を嘱望されるとかのプレッシャーがあって大学の第一志望は法学部指定だったらしいのですが長兄が受験失敗して教育学部,次兄も失敗して経済学部でした。

 次兄によると元三ではなく元彦という名前を継ぐはずでしたが,ウソかホントか当時のGHQに「彦」という漢字の使用を禁じられたとのことです。

 私は,父が亡くなった後,ほぼ生活費は自力で進学したので上の兄弟とは関係なくひとりだけ我が家では異端の理科系でした。志望は第一も第二も理学部だけですね。第一に受験失敗したけれど結局,理学部でした。

 さて,和歌山の母方の家がまたヤヤこしくて,母の兄弟の母親は芸者出身とかの人も含めて何人もいるらしく,私が知っている母の兄弟は母を含め男2人,女2人の4人です。

 母には両親とも同じ弟(敏オジさん)が唯一人いますが,他の2人の姉と兄?の母は別々の人らしく,私が知っている冠婚葬祭でしか会わなかった母方の祖母はまた後妻で,これら4人の誰の母でもないとのことでした。

 母方の貝谷家の祖父は酒も女も豪快で,何かヤマ師のような人物だったらしく,私が僅かに知っていた当時,母の実家は貝谷商店とかいう名前の文房具屋か駄菓子屋をやってました。

 この祖父は色々な事業に手を出しては失敗?したり,また地方の代議士の選挙に立候補したりという人物であったらしい人です。

 私の血のつながった家系には糖尿病はいなかったということなのですが,この祖父が亡くなったときの病気は当時の田舎の医者では病名が不明だったけど糖尿病も関係してたのでは?と推測されます。

 遺伝が主要な発病因子だという糖尿病は恐らくここがルーツでしょう。

 で,家柄の上下関係からか?父母は結婚を反対されたらしく,結婚は父方の親戚から岡山で家を継ぐ条件つきで許されたできちゃった婚らしいですね。

 何か父方の親戚が母方に優越感,逆に母方は劣等意識があるらしいけれど関係ない話ですね。

 父方には家柄意識がありましたが,母方は関西の商売人的な家系らしく中には金持ちもいるという感じでしょうか。

 実際,もう2人とも亡くなっていますが,"母の腹違いの姉=私の伯母"の"嫁ぎ先=伯父"は製材所の社長でそれなりの資産を成していたようです。

 ここの家の"養女=血のつながりのない私のイトコ"が私の次兄の嫁ですから彼女はイトコであってかつ義姉であり,次兄は養子としてこの家を継いでいますから,ヤヤこしいけど,嫁の継母と夫の実母の父親が共通なのでかろうじて家を継いだのが血縁的に他人ではないことになりますね。

 そろそろやめておきましょう。。

 家柄など上には上,下には下があり,身分差別などの源で百害有って一利も有りません。そもそも太宰治じゃないけれど,私などの変態は家柄なるものが上であればあるほど恥ずかしいものです。

 明け透けに本当の名前や役職を出して書きましたが,素性を知っている人は私のブログなどを真剣に見ていないだろうと思っています。

 もしも何らかの知り合いからクレームついたら,すぐに削除する用意はありますが。でも伝聞がほとんどだけれど自分ではウソを書いてないつもりです。

PS:今日はお米が切れたけど食パンがあったので,「トースト茶漬け」を食べてみるとおいしかったです。

 また,最近行くようになった裏のお店のチィママに頂いた素麺(揖保の糸)があったので,8/30(日)の午前中は冷蔵庫の残り物でワカメ,ジャガイモ,麩に卵と何でも入りの「味噌素面」を作って食べました。

 鍋もレンジも1個なので味噌汁と素麺を別にやるのが面倒で,しかも麺つゆもほとんど無かったので,一緒に作ってみたら結構おいしかったです。

 次は,肉以外のカレーの材料と固形のカレールウが10人前あるので「カレー素面」でも作ってみよう。

PS2:しかし,「糖尿病」に「虚血性心不全」で「足の動脈硬化(石灰化)」と,新型の豚インフルエンザにかかったら死亡する要因が三拍子揃っているなあ。。

(↑ 三拍子というのはこういう使い方じゃなく,「ハゲ,デブ,チビ」とか「包,短,早」などに使う言葉でしょ?)

 まあ,前から医者に新型でなくてもインフルエンザとか風邪をこじらせて肺炎になるとか,飛行機の座席上とかパソコンで長時間同じ姿勢でいても起こるといわれる「エコノミック症候群(肺血栓?)」になったら,イチコロだと言われてるので,そうなったとしたら交通事故みたいなもんですね。。

 日頃から「永眠したいと望んでいる」と冗談?を言っている身からすると,インフルエンザ予防のワクチンが足りないという現状で,私がそれを所望したら自己矛盾になるでしょうね。

 まあ,優先順位はゼロ歳の赤ちゃんから年齢の若い順がベストでしょう。私のように何の役にも立たず姥捨山に行った方がベターな変態年寄りは万が一残っていたら貰いましょうか。。

 「 カルネアデスの舟板」(2009年5/24の記事) が現実的になっているなぁ。。

 「立てば人樽(ひとだる),座れば盥(たらい),歩く姿はガスタンク」の恋しいネェちゃんたちにも会いたいね。。。

 ← クリックして投票してください。(1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックすると「人気blogランキング」に跳びます。)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ クリックして投票してください。(ブログ村科学ブログランキング投票です。1クリック=1投票です。1人1日1投票しかできません。クリックするとブログ村の人気ランキング一覧のホ-ムページームに跳びます。)

http://www.mediator.co.jp/category/pages.php?id=115「中古パソコン!メディエーター巣鴨店」

iconヤーマン プラチナゲルマローラー 1日3分コロコロエステ!ローラー型プラチナ配合美顔器  

ブックオフオンライン 

お売りください。ブックオフオンラインのインターネット買取 展開へ! ▼コミック 尾田栄一郎 「ONE PIECE(52)」 icon ▼コミック 「ONE PIECE」をオトナ買い icon

三国志特集 ▼コミック 横山光輝 「三国志全巻セット」 icon 「三国志(文庫版)全巻セット」 icon  「三国志(ワイド版)全巻セット」 icon  ▼書籍 「三国志」/吉川英治 icon  「三国志」/北方謙三 icon  「三国志」/宮城谷昌光

iconオンライン書店 boople.com(ブープル)

icon  iconicon  icon icon icon予約】セックス・アンド・ザ・シティ ザ・ムービー コレクターズ・エディション<限定盤>

|

« 今朝の朝食 | トップページ | 積分方程式(1)(導入) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして,ゆかさん。。TOSHIです。

 自分のルーツとかキャリアが現在の境遇に関係あるような社会では困りますね。とか例によって分別くさいことを考えたりします。

 老婆心ながらルーツなどは私のように歳を食ってひまなときに考えるだけでいいと思います。

 何はともあれ,良心的なコメントありがとうございます。
            TOSHI
           

投稿: TOSHI | 2009年10月 4日 (日) 11時09分

はじめまして。
自分の家系やルーツについて、両親に聞いてみたことがなかったので
なんだかハッとさせられました。
とても参考になりました。

投稿: ゆか | 2009年10月 2日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/31151840

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の家系(ルーツ):

« 今朝の朝食 | トップページ | 積分方程式(1)(導入) »