« 原子核のγ崩壊とメスバウアー効果(5) | トップページ | 散乱の伝播関数の理論(5)(Schiff-2,他) »

2010年5月16日 (日)

好き嫌い,趣味嗜好

 この期におよんで,「肉体以外の面では神のようになりたい。」などと不遜な夢を持っていますが,好きなものは好き,嫌いなものは嫌いという生理的な好悪感だけは如何ともしがたいかも知れません。

 汝(=私)の敵はいつまでたっても敵のままです。

 人間に関しては好きな方はまだしも,嫌いだ,イヤだという感情,あるいはエリカ様ではないがキモいという思いはどうしようもないですね。

 これを,理性でコントロールするのは極めてむずかしいです。

 「あいつは,どうにも虫が好かない」とか,昔の芸能人の離婚会見で「同じ空気を吸うのもイヤだ」とか言うのを聞いたことがあります。

 私もまだガキで大学に入学したばかりの頃,同じ下宿のすぐそばの部屋にいて私と違って文科系でしたが,特に仲良しだった同学年の友人と四六時中付き合っているうちに,いわゆるアラがいっぱい見えてきて見るのもイヤになったこととか,それから後にも色々似たようなことがありましたね。

 もっとも,口に出さなくても相手も同じかそれ以上に私をキモいとかイヤな奴だと思っていたのかも知れません。こういうのはお互い様です。

 まあ,人間の場合は「好き」の反対語は「嫌い」でなく,「愛情」の反対語も「憎悪」ではなくて「シカト」あるいは「無関心」というのが正解だと思っているので,嫌いだとか憎いとかの感情があるうちは,まだ相手との関係性を意識している証拠だともいえますね。

(本人のいないところでも悪口,カゲ口を言うほど気になる?トカね。。。)

 もっとも,関係性といっても例えば北海道と九州に離れてしまって物理的に会うことも困難で長い間音信不通という環境になれば自然に意識しなくなって憎悪も忘れ,「無関心」になるかも知れませんが。。。

 逆に,生活能力のない子供時代には親兄弟などの家族がイヤだと思っても偶に家出ができる程度で普通は逃げることはできません。

 そのまま,ズルズルと引きこもりのように親兄弟だけと暮らしていると,世の中の人間関係はそれだけという狭い世界となって本当は親切な行為でも煩わしいと感じて愛情(愛着)と裏返しの憎悪の感情が湧いてくるやもしれません。

 ときには窓を開けて空気を入れ替えて深呼吸し,どうしようもないなら素直にどこかに逃げざるを得ないかも知れません。

 私は海外ドラマや映画,小説などでしか知りませんが,西洋の多くの家庭では親しい夫婦といえども,それぞれ隔離された自室を持っていて,ひとりの時間を持とうとすればそれを自由に取れる環境らしいです。

 日本では金持ちセレブ以外では,イヤもオウもなく「ウサギ小屋」で四六時中ツノを突き合わせているため,頭を冷やすヒマもなく,結局,相手は自分の個人的自由を侵す存在であると感じて,いずれはエクボもアバタになってくるのでは?と独身の私は邪推しています。

 (これならむしろ通い婚の方が長続きするカモ。。,ん?神田うの?)

 食べ物の好き嫌いなら,私の場合子供の頃は食べられなかったピーマンも大好きにはならないけど今は嫌いではないし,例えばチンジャオルースだとむしろ好きです。

 その他の嫌いだったものも大人になると口に入れることくらいはできて吐き出してしまうほどのものはないです。逆に子供の頃,好きだったけど今は別にぃというのもありますが。。。

 食べ物でも人でもないけど,クモなどを見ると虫酸が走るほど嫌いだったのに今はなんともないです。イヤこういうのは無意識のうちに克服できてます。

 本当は,自己に忠実に動物として自然にまかせることが解放されるという意味で,それを目指しているのですから,別に,嫌いな人やもの,あるいは嫌いなことを無理して好きになる必要はないし,避けることが可能なら殊更にコントロールすることはないとは思います。(←仏様にはなれても神様にはなれないぞ。)

 ただ,私は本質的にはマゾであるせいもあるでしょうが,最近はイヤなコト,イヤな人と思えることも笑って受け流して逆にイヤな感覚そのものも面白がっていることがあるくらいで,そのうちにイヤだと思えなくなることも多々あります。

 実はそれほどイヤではなくストレスフリーな脳天気ダケかも知れません。。(薄情,かつ鈍感なだけ?=逆にウツ病克服にとっては好ましいコト?)

 でも,催眠術にかけられて,大嫌いな食べ物でもそれを大好きなモノだと暗示をかけられると,大好きなモノと錯覚して喜んで食べるらしいですね。

 アッと,お誘いの電話が来たから,途中で失礼します。。。20時過ぎです。

 ("うわさをすればハゲとやら"です。最終的には"憎まれっ子は夜にハバカリ"に行ってから寝てました。。)

PS:良きにつけ悪しきにつけ,これほど米軍基地や沖縄の問題について注目し真剣?に考えていると見える政府,政治は久しぶり(初めて?)という感想です。

 私は,かつて1972年頃には沖縄返還ではなくて,沖縄独立(イヤ,沖縄奪還だったかな?)とか沖縄解放などというスローガンに載って,これらを唱えていたような記憶があります。。

 小沢問題といっても,争点は汚職がらみの政治資金があったとかではなく単なる不実記載(つまり多額の入金を前年に記載したか本年に記載したか程度?)なので,これは検察のメンツのためか,あるいは選挙前の支持率操作の政治介入としか感じないのは私だけ?

 (別に民主党や鳩ポッポさんを応援してるわけじゃないし,既存の支持政党などはないので単なるアマノジャク感想です。)

PS2:多芸多才の林葉直子さが将棋界に復帰するらしいです。http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/05/15/0002981746.shtml 

  

ブックオフオンライン 

iconオンライン書店 boople.com(ブープル)

|

« 原子核のγ崩壊とメスバウアー効果(5) | トップページ | 散乱の伝播関数の理論(5)(Schiff-2,他) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/34724458

この記事へのトラックバック一覧です: 好き嫌い,趣味嗜好:

« 原子核のγ崩壊とメスバウアー効果(5) | トップページ | 散乱の伝播関数の理論(5)(Schiff-2,他) »