« 復活?? | トップページ | 里美香奈さん将棋女流プロ三冠獲得!! »

2010年10月24日 (日)

ブログ休止中の出来事

 ブログを1ヶ月程度も休止したのは2007年の3/24入院,4/10手術,4/22退院までの不可抗力によるものから久しぶりです。

 今回のアクセス休止の間の主な出来事(私事,社会)を羅列してみます。

 思えば,私のPCクラッシュは,9/11にクレイジーキャッツの谷啓氏が亡くなり,そして9/14に民主党代表選挙で小沢氏が破れ菅氏が再選された直後です。

 9/18には俳優の小林桂樹さんも亡くなられましたね。

         

 ①私事:9/22(水) 熱暴走でPCクラッシュ(電源 or マザーボード不調) 

 ②9/22(水) 郵便不正事件での村木厚子被告(元局長)が無罪確定で復職。

 これに伴い大阪地検特捜部の不正が発覚(FD改竄)。特捜の前田恒彦検事証拠隠滅容疑で逮捕(9/24) → 10/21犯人隠避罪で当時の上司の大坪正道(部長),佐賀元明(副部長)も起訴される。

 ③9/25(土) 尖閣列島衝突事件でただ一人拘留され司法手続きのためにて10日間の拘置延長(9/19)を言い渡されていた中国漁船船長が中国側の強硬な抗議を受けて9/25に処分保留で解放されチャーター機で帰国

 → 日本国内では政府批判が起きる。→ その後も中国強硬姿勢は続くが次第に緩和。。

※尖閣列島衝突事件・・・9/7未明に起こった尖閣列島付近での中国漁船と日本の海上保安庁巡視船の衝突事件

 海上保安庁巡視船は日本領海内での中国漁船の「違法操業と逃走に伴う故意の衝突」と見て公務執行妨害,および違法操業の疑いで中国漁船の船長以下を逮捕し事情聴取。船長以外の漁船乗組員は9/13に中国に帰国。

 ④私事:9/26(日) 将棋社団戦団体個人戦参加(2勝2敗) ⑤私事:9/28(火) 手話講習出席(2学期4回目)(18:45 ~ 20:45@目白5丁目) 

 ⑥訃報:9/30(木) 池内淳子さん

        

 ⑦私事:10/5(火) 手話講習出席(2学期5回目)

 ⑧10/6(水) 検察察審査会の再度の議決で小沢一郎氏の強制起訴が決まる。(その後小沢氏側提訴も棄却で確定)

 → 野党と与党一部が小沢氏の責任を追求

 こうした司法領域の決定が無作為抽出の11人の投票多数決によってなされるなんてね。。。これは事実上立法・行政の手続きである国民投票による司法の決定ですね。。

 まあ,起訴不起訴の決定の話ですが,日本では起訴される,いや逮捕されると既に犯人扱いになってしまいます。

 政治的要件とはいえ,擬似国民投票で個人の有罪・無罪判定の過程が決まるようでは,そもそも司法・裁判とは何なのか?と私は疑問に思います。

 具体的にこの件での真偽は不明ですが,どんな刑事事件であろうと,たとえ全世界が有罪を叫ぼうとも真実は曲げられないし無実なものは無実であって世論の投票では決まりませんね。。。

 まるで,西部劇でリンチを叫んで留置場へ押しかける群集のようです。

 平気で証拠が捏造され冤罪が課せられ,そして起訴前の取調べ中でも平気で一方的な情報がリークされるようなこの国で,一体警察・検察,いや司法の何が信じられるというのだろう。 

 ⑨ 訃報:10/7(木) 大沢啓二氏(大沢親分)

       

 ⑩訃報:10/8(金) 池部良さん

         

 ⑪私事:10/11(月:祝日) 13時過ぎから19時半まで東大工学部2号館で将棋イベント「あから2010」の大盤解説を観戦。

 「あから2010」とは女流駒桜と日本情報処理学会共催?のコンピュータ vs 清水市代女流王将の将棋対局での将棋ソフトの名称(4つの最強ソフトの合議制)で結果はコンピュータの勝ちでした。

 (会場で偶然友人の関さんと石田さん(将棋+飲み友達)に会いました。) 

 ⑫私事:10/12(火) 手話講習出席(2学期6回目) 

 ⑫10/14(木) チリ鉱山落盤事故(8/5)から33人が無事生還(69~70日ぶり)

 ⑬私事:10/19(火) 手話講習出席(2学期7回目)

 ⑭10/20(水) ~10/23(土) 奄美大島大雨災害

 ⑮私事:10/24(日) 将棋社団戦最終戦参加(個人的には0勝2敗:団体「チェスネット2」は2勝1敗)

 この間,PCが動かないので,ある意味では情報過多から解放された昔的な生活の中でいくつかの本を読みました。以下はそのリストですが,小説の場合は最近ブックオフで買ってきたものばかりです。

 ①東野圭吾「容疑者Xの献身」(直木賞)(最後の部分まではかなり感動を覚えていました。しかし,最後の逆転のトリックには驚きましたが哲学的には少しガッカリしました。) 

 ②QED(量子電磁力学)の赤外発散の困難を解決した古典的論文;Bloch & Nordsiek(1937) 

 ③漫画「江口寿史のお蔵だし」

 ④内田康夫「贄門島)(上)(下)」

 ⑤松浦理江子「親指Pの修業時代」

 さらに「親指Pの下巻」と宮部みゆきの「理由」(直木賞)などを読んでいましたがPC復活と共に中断しています。その他にも数冊同時読書進行中。。。

 物理についても,新案をまとめるため,「λφ4くりこみ理論」やFeynmanの「パートン模型」など復習中です。また,インスタントンや非線形格子理論についても調べたかったのですが資料と暇がありませんでした。

 また,10月初旬に引越し後の資料を整理しているうちに2008年8月以来紛失していた確率的に未来を知ることができる?という遅延選択の具体的装置を述べた特許申請文をも再発見しましたが,これはまだ着手していません。

PS:この間円高が進行しています。日銀の金利ゼロ政策,これもデフレに対抗するインフレ誘導策のようですが。。

 同じようでも,私は前から円の総量が少ないからデフレなので単純に円を増やすことで事実上の円の価値を下げるインフレ策を模索,それも麻生政権末期に一時提唱されたように日銀券ではなく政府が紙幣を発行してはどうか?と思っていました。

 900兆円も刷れば国の借金が解消される,国債の債券は国際的価値が下がるので債権者には不満あるでしょうが,国内的には問題ないと思うし,さらに政府が紙幣を増刷すれば国家予算も潤沢になります。

 そして,円の国際的信用がガタ落ちするので二重の意味で円安になります。

 過去には各国が経済的安値合戦を進行させればやがて物理的な戦争に到ったものですが今はそんなことはないでしょう。

 こうした単独行為は国際的批判を浴びるでしょうが,そもそも不況の誘因となったリーマンショックは直接には米国内に責任があるし100年に1度の危機であれば思い切った施策をとらねばならないし,一時的な信用失墜も自国または他国の戦争に期待するよりましでしょう。

PS2:まだPC復活を喜んでいて旧マシンのバックアップを考えている段階で本格的には始動していません。

 前よりズボラになりPC中毒(ネット中毒)?が緩和されたみたいです。気持ちが歳取って少し意欲が失せたかな?。。。

 (現在,科学記事も再開すべく休止中に読んだ赤外発散の古典論文についてワードにて草稿執筆中です。。upできるまであと少しです。(10/29現在))

|

« 復活?? | トップページ | 里美香奈さん将棋女流プロ三冠獲得!! »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/37374594

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ休止中の出来事:

« 復活?? | トップページ | 里美香奈さん将棋女流プロ三冠獲得!! »