« 昨今の政治 | トップページ | 赤外発散の初期論文(2) »

2010年11月 3日 (水)

秋めいてきました。。

 今日は仕事終了後の午後3時半頃に毎年文化の日が最終日?の神保町の神田古本祭りに行ってみました。

(毎週火曜日の手話教室から帰宅して爆睡した後思い立ってこの日記を書いているうち日付けが変わりましたが,今日とは11月2日のことです。)

 祭りといっても,通常は金~日と祝祭日にしか開かれない小宮山書店の1~3冊まで500円のガレージセ-ルが開かれてるくらいで,むしろ普段よりも人が多くて動きにくくて,私にはいつもの本屋めぐりと別に大差ないのですが。。。

 カメラを持っていたので写真を撮ってみました。。。(神保町では10年以上も会社勤めをしていたのですが,ここも水道橋駅に向かう方を中心にかなり様相が変わりましたね。。。)

   

    

 特に古書センター2Fの老舗,中野書店漫画部に久しぶりに行ってみました。

 ガロとか,「冒険ダン吉」,「リボンの騎士」とかも並んでいました。こういうのは高くて手がでませんが。。

 

 玉英堂の自然科学コーナーでは古書価格で1冊3000円くらいだった岩波講座現代物理学のシリ-ズが1冊900円か1000円になっていて驚きました。

 1万円あれば10冊も買えます。。。うーん。。。

 ブックオフの価格破壊のせいか?はたまた理科離れで理系の本の人気がないせいか?恐らく理由は両方でしょう。

 買う方にとっては安いのはいいのですが,売る方にとってはトホホですね。

 明倫館の外の店頭に山積みされている安価本の中に久保亮伍著「大学演習・熱力学・統計力学」が600円で売られていました。

 別に中身も汚れてないし「本当かよ?」と思いました。。

 でも,これは私は学生の頃新本を買って40年も経っていて汚ないけれど,一応持ってるので買わず,以前に手放した吉田耕作著「微分方程式の解法」(岩波全書)の初版が300円だったので,これを買いました。

 2版の古本は店内で2460円で売られてましたが,初版で十分です。

 今日の夜には椎名町で手話教室があるので,この本を買ってすぐに巣鴨駅まで帰り,家に歩いて帰る途中,

 巣鴨名物の「福々まんじゅう」の店「駿河屋」に珍しくお客が並んでいなかったので写真を撮りました。

(お店の方に「何ですか?」と聞かれて写真撮影をとがめられたのかな?と思い,「ブログを書いてるから」と言ったら,何故かお礼を言われました。

 最近は携帯で写真撮る光景はごく普通なのに,お客がいないときにわざわざデジカメで写真を撮る姿は珍しいのかなあ?

 特定の人物じゃなくお店の写真なので断る必要はないと思いましたが昨今は肖像権などの問題がシビアですからね。)

  

 このお店は,下の写真の巣鴨駅に向かって左側の駅北口のロータリー付近の同じ有名な駿河屋「福々まんじゅう」(巣鴨2丁目)とは異なり,この駅の前の線路沿いに,「江戸橋公園(通称:ロケット公園)」に向かう途中の巣鴨1丁目の店の方です。

 この公園のスグ近くの南大塚1丁目に今の私の自宅があります。

   

 ここは,「とげぬき地蔵」から行くにも地蔵通り向かいの巣鴨3丁目の道を入って少し進んで左に曲がり線路の上にかかった橋を渡ればすぐで駅よりも近いです。

 今年,8月引越し前に「巣鴨陽光ハイツ」に住んでいた頃は,「駿河屋」は駅前の店しか知らなかったので分家?なのでしょうか?

 明るいうちはいつ通っても大体お客がいるので近くの人には有名なのでしょう。

(もっとも私は15年以上も地元なので,駅前の有名店でも,チャント開いてる時間なのに誰も客が並んでない閑散時に通りかかることも多いのですが。。。)

 私は,この店では引越し後,家へ帰る途中に「あんまん」を2度買ったことしかありませんが,駅前と同じ味でおいしかったです。

 メニューも同じでシューマイもあるようです。寒くなったので遠くからでも店の饅頭を蒸かす水蒸気が見えますね。

 私は味にも見境なく辛党かつ甘党なので気が向いたら食べたいと思いますが,糖尿病だしおまけに間食はゼイタクな悲しい?金欠病ですからね。

 (今日も食事代で古書を買ったので後悔先に立たず。。。??)

 (※↑どうも,お店自体が駅前からこちらに引っ越したらしいですね。)

PS:秋の紫綬褒章は大体60歳くらいでもらうのでしょうネ。

 田中裕子はまだ50代ですが桂文鎮,風間杜夫など私と同じくらいの歳です。

 一方は勲章,一方はホームレス同然の身です。対照的!。。トホホ

 当然,負け惜しみのヤッカミの遠吠えですが,私はホームレスに近い方で良かったと思っています。(←本当かよ。。??)

 別に太宰治のように良家に生まれたのに,それを恥じて「人間失格」など書いて斜にかまえるほどの才能もないし,純粋に「無芸無能無産のその他大勢,有象無象の一人ですから。」

 って,何で私がイバッテルのか?まあ,マゾかつ変態ですからネ (^^;)。。

 バカにされて嘲笑されているのかも知れないのに「受けてる」と勘違いして喜んでるオプティミストです。

 お金を払ってるから,仕事だから優しく対応されてるのにモテてると勘違いして喜んでるようなヤツです。

 いやいや,そこまで完全に公私を分けることなど人間にはできないことですから

 ウソでも優しくされるとうれしいなあ。。。(←被害妄想ヤローですね。)

 ついでに,11月6日の本田美奈子さん命日も近いので,

 彼女も愛唱していた「アメiイジング・グレイス(Amazing Grace)」,賛美歌でありゴスペル(黒人霊歌)であり,アメリカ第2の国歌とも言われるこの曲の私の拙い訳詞を再掲します。

 (私,普通は昔,高田馬場の将棋道場に通っていた頃に高田馬場駅前の店で試聴して感銘を受けて買ったLeAnn RimesのCDアルバムの中の「Amazing Grace」を聴いていますが。。。) 

 

 現代口語ではむずかしかったので文語調で詞をつけてみました。(2006年5月14日訳す。)

   Amazing Grace(我は主をしりぬ)

1.      Amazing Grace, how sweet the sound

      素晴らしきー主のめぐみー甘きーしらべー

      That saved a wreck like me

      落ちぶれしー我をー救いー

       I once was lost but I'm found

      迷いしときにー我をー導きー

      Was blind but now I see

       盲(めし)いし我にー光明(ひかり)を与えぬー

 2.   'Twas Grace that taught my heart to fear

       主はー我が心にー恐れを教えー

      And Grace my fears relieved

       恐れしーこの身をー救いぬー

      How precious did that Grace appear

      なんとー尊きー主のめぐみー

      The hour I first believed

      我はー主をー識(し)りぬー

3.    Through many dangers,toils and snares

      艱難(かんなん),辛苦,誘惑ーあまたー

      I have already come

       我はー乗り越えー識(し)りぬー

      'Tis Grace have brought me safe thus far

      安らけきー道をー示しし主はー

      And Grace will lead me home

      永遠(とわ)にー我をー導かんー

※PSのPS:

 (努力する意志と実行力も含めた)才能と(時と場所,運(チャンス)も含めた)環境に恵まれた特別な人々と,その他大勢とを比較して,その他大勢またはその味方たらんとする社会性。。

 それと対照的に,その他大勢とは違うという個性の主張,自分は特別な存在たらんとする実存性。。 とは,通常は相容れないものですね。

 私の場合,頭の中では自身の現状や行動原理をそうした相克の存在,またはある種の多数決原理のようなもので合理化しているのでしょうね。("これはすっぱいブドウだ"だったかな??。。。)

 まあ,美しいフレーズですが,「誰であろうと元々世界に一つだけの花。同じものは2つとない特別なオンリー・ワンである。」と言われても,素直には受け取れないでしょうね。(← またまた盗作だ。。)

 盗作ついでに,セーラームーンから続いている日曜朝のアニメ:プリキュアシリーズから,「同じ地球(くに)に生まれたのー,ミラクル・ロマンス」。。。

  人間五十年。。下天のうちをくらぶれば。。。

|

« 昨今の政治 | トップページ | 赤外発散の初期論文(2) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

申し訳ありません。
http://www.youtube.com/watch?v=5aWHg-vOlYQ

http://www.youtube.com/watch?v=7BdmtfVotsk
の国家を忘れていました。

投稿: 凡人 | 2010年11月 3日 (水) 12時31分

私の国家は、今のところ
http://www.youtube.com/watch?v=jIrjBfkzt_w

http://www.youtube.com/watch?v=TQOdrqXRPrs
なんですが、いかがでしょうか。

投稿: 凡人 | 2010年11月 3日 (水) 12時12分

お!、
「ブラ・タモリ」ならぬ
「ブラ・トシさん」だああ!
楽しく拝見しました。
ありがとうございました!!

出不精のヘタレ・オヤジ、
小田急で1時間30分かけて
いくにはちと遠くなりにけりです。
(って、ひきこもり?\(^o^)/)

お体の調子がよさそうですね!
安心しました。

ではでは。

投稿: Kimball | 2010年11月 3日 (水) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/37506149

この記事へのトラックバック一覧です: 秋めいてきました。。:

« 昨今の政治 | トップページ | 赤外発散の初期論文(2) »