« 線型代数のエッセンス(3)(線型空間1) | トップページ | 細川俊之氏逝く。 »

2011年1月13日 (木)

今年はじめての定期通院をしました。

 昨日(12日)は休みを取って春日部市にある浜崎医院  に行ってきました。

 ↓写真は帰りの午後2時頃に撮ったので逆光補正をしています。

       

 ここは,東武線の「せんげん台」駅の次の「武里」駅から徒歩7~8分くらいのところにあって,武里の次の次の駅が「春日部」駅です。

 巣鴨からは,都営三田線で「西巣鴨」駅まで行き,そこから都バスで東武線「西新井」駅まで,約40分間です。これは障害者の都内フリーパスのコ-スです。

 「西新井」から東武急行で「せんげん台」駅にいき,そこで普通に乗り換えて1駅で着きます。私の場合,トータルでは1時間半から2時間はかかりますね。

        

 前は,比較的近くて交通費もいらない帝京大病院に行ってたのですが,あるきっかけから,自分の主治医をこの浜崎医院の院長の浜崎さんに代えました。

 権利という言葉は嫌いなのですが,担当医を代えるのは患者の1つの権利でもあると思いますからね。

 実は,浜崎さんは,私が41歳だった1991年にパソコン通信ニフティーサーブの将棋フォーラムに入会して以来,毎年数回しかお会いしていませんでしたが20年来の友人知己に入るお方です。

 友人知己に入るお方とは,もってまわった表現ですが,オンラインで知り合い,年に数回のオフでグループでしかお会いする機会のない方々には,確かに忘年オフでは一緒に酔っ払い,旅行では同じ釜の飯を食べて同じ風呂に入り,将棋フォーラムの場合なら趣味が共通の将棋をやったりと長く深い付き合いですが,それでも親交としていまいちの感がある方もいるのです。

 浜崎氏とは恐らく,1991年暮れの両国での忘年会が初対面だと思いますが,近年までは他のメンバーほどの個人的付き合いがなかった気がします。

 パソコンと将棋の組み合わせということもあり,メンバーでお会いする人の中には,医者も含め知識階層の方が多々おられるのですが,私自身が昔から金持ちやインテリとは話が合わないと決め付けている感があるので,将棋とパソコンという共通点でしかつながりがないお方の1人でした。

 しかし,2007年春に私が大病をしたのをきっかけに旅行などで話をする機会が増えて,そのうち主治医としてやっかいになることになりました。

 心臓病の方は暑さ寒さがもろにこたえるので少しキツいのは仕方ないにしても,昨日は寒さのせいか両足だけでなく左手も糖尿性神経症でかなりシビレていました。

 診察,検査の方は,正月に暴飲暴食したわけではないが,薬飲むのをサボっていたせいなのか,空腹時血糖が前回の188から364になったのはともかくとして,ヘモグロビン(HbA1c)が前回の7.9から8.6と増えたのは少しヤバいです。

 血糖降下の薬を増やしてもらい一部皮下注射することになりました。(インシュリンではありません。) 

 ところで,昨日はアパートの隣の部屋が開いて次の入居者のためのリフォームで日中はチョッとうるさいこともあり,ゆっくりと帰ろうと思って,西新井駅から都バスに座ったまま西巣鴨駅を越えて終点池袋まで行きました。

 しかしなぜか,西巣鴨を過ぎた当たりで体調がおかしくなり,何とか池袋駅のバス停まで着いてそばの山田電機入口のちょっと寒いベンチの上で横になりました。

 かなり寒くて,この辛さは帰って自宅で横になれば治るとしてもタクシー代もないし久しぶりに救急車を呼ぼうかと思いましたが,しばらくうずくまってると楽になってきたので,山田電機の内部に入って地下の暖房の効いたベンチに移るとほぼ回復しました。

 どうも,あまりにも寒くて,バスの中でも省エネのためか暖房が浅めであったこともあり,腹筋や肩の筋肉が震えてこれらを緊張させて寒さに耐えていた時間が長かったため,筋肉が梗塞状態で疲れて痛くなったせいのようです。梗塞が心筋でなくてよかったです。

(数年前,本当の心筋梗塞になったときに,"ちんちん梗塞ならよかったのに。"と大笑いしていたけど,冗談じゃないんだよ。>りくちゃん,かなちゃん。)

 というわけで,山田電機の中だけでもウィンドウショッピングをして無事帰宅しました。

PS:奥の院を出た後,今ほどではないけれど就職難の1977年に大型計算機で計算業務を行なう会社に就職しました。

 入社当時,会社は日電と東芝のACOSを使っていました。1990年に退職した頃は富士通VP-30(スパコン?)を使っていました。

 1990年(40歳)当時,退職金の一部でNECのPC98を買い,40の手習いでパソコンを始めましたが,大型コンピュータの経験は役に立ちませんでしたね。

 それから,1年経った頃1991年のGWの最中に,雑誌「アスキー」で"日ペンの美子ちゃん"のように"オジサンが女の子とも友達になれる。"というようなマンガも付いて盛んに宣伝していたパソコン通信を始めようかなと思い,当時のニフティーサーブに入会したのが長いネットとの付き合いのきっかけでした。

 当時はPC-VANが20万人,ニフティ-サーブが2万人とマイナーであったネットの世界に入ったのは,単にスケベなことが動機であったとしても今思えば先見の明がありましたね。

 しかし,結局,当時同じようにパソコンやネットに目を付けていた比較的有名な人と知り合えたのを除けば,何ら先見の明を生かすことはしなかったので,私に金銭的なメリットはないまま今に至っています。

|

« 線型代数のエッセンス(3)(線型空間1) | トップページ | 細川俊之氏逝く。 »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

 ども明男さん。ご心配痛み入ります。TOSHIです。

 北国ではなく東京に住んでるのだし,この歳でも人前で下着にならざるを得ない事態?になったときの用心に,下はラクダのもも引きなどははかず,トランクス型パンツ1枚で上は半そでU首シャツのみですが,貴兄のいわれるようにマルジで何か買って身につけるべきかもしれません。。。

 小学生の頃にはやや虚弱体質で小学校の朝礼でふらふらしてうずくまって嘔吐したりもしていたという記憶があって,その頃も大体休んでいれば元気回復したので,今もその気になってましたが,今日の俳優細川氏の自宅転倒→死亡のように若い頃と同じでないことはわかっています。

 バスの中や山田電気前のベンチでも今日はまだ逝くには早い,あといくらかの猶予をくれ。。とか考えてました。

 いずれにせよ。。ご心配ありがとうございます。      

           TOSHI

投稿: TOSHI | 2011年1月15日 (土) 07時24分

TOSHIさん、ホント、無茶しちゃ駄目ですよ~。人生の先輩におこがましいのは重々承知ですが、言わずにおれませんので、ご容赦を。もう、全く。マゾなんだからといってしゃれですみませんがな。私もずっと前ですが貧血の酷いころ、街中で何度ベンチのお世話になったことか(^^;)。最近とみに思うことは、冷やすことが如何に身体に悪いか、ですね。強烈な痛みもしびれも温めるだけで良くなることがままありますが、原因物質を血液が運び去るのでしょうか、同時にさする(揉む)のも効果がありますね。今年は異常に寒いので尚更ですから、どうぞ用心なさってください。
お出掛けは、上着一枚、多めにて。

投稿: 明男 | 2011年1月14日 (金) 13時07分

 ども,みゅーみゅーさん。お久しぶりです。TOSHIです。

 遅ればせながら,あけおめ,ことよろです。

 寒いですね。関西はいかがでしょうか。。

 今,夜中に目覚めてサッカーを見る前です。サウジがヨルダンに負けたみたいで日本もしっかりしないと危ないですね。

 てなことはともかく,ご心配ありがとうございます。

 これでもヘモグロビンが10~11の頃より大分よくなっています。

 血糖値はちょっとアメをなめても100前後変わるようで時間変動が大きいこともあり近年はヘモグロビンに注目するようです。

 私の場合,心臓が悪くなってバイパス手術したのも普通とは違ってて低血圧なのでコレステロール詰まったような原因ではなく糖尿病が原因で冠動脈が全て細くなりすぎたためですから,糖尿が全ての根源みたいです。

 ともあれ,猛暑や厳寒のときに心臓が原因で死亡する人が増えるようですから少しく気をつけます。また機会あったらお会いしたいですね。

 お身体に気をつけてください。

             TOSHI

投稿: TOSHI | 2011年1月14日 (金) 01時19分

 今年もよろしくお願いいたします。
 「西新井」には、ホルモンを食べに行ったことがあります。って、そんなことはどうでもよく。池袋で体調を崩されたところで、びっくりしました。(その前の血糖値もびっくりしましたが。)寒さがダイレクトに体調に響くのですね。ご自愛ください。

投稿: みゅーみゅー | 2011年1月13日 (木) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/38447911

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はじめての定期通院をしました。:

« 線型代数のエッセンス(3)(線型空間1) | トップページ | 細川俊之氏逝く。 »