« 線型代数のエッセンス(6)(線型部分空間) | トップページ | 線型代数のエッセンス(7)(1次変換-1) »

2011年2月 8日 (火)

夢を諦めてしまうと気楽ですが寂しいものです。

 若い頃からの夢を半分以上も諦めてしまうと,こんなにもヒマで自由なのかと痛感させられます。

 2007年4月の心不全を境に年齢的な気力,体力の衰え,特に老眼が理由だと思いますが比較的むずかしいことを長時間考えるだけの根気がなくなってきたと年々感じています。

 それでも貧乏ヒマ有りの環境なので何とかジタバタして暇があると何とかしようと貧乏性を発揮していたのですが,こうしてブログを書くことにかまけているうちに,この程度の復習に満足して本気で「大発見ヤァ!!」というような夢を見ることは少なくなっていきました。

 「今日は最低ここまではやらなくちゃ」というようなtカセがはずれると仕事がオフの際の暇は暇として何をしてもいい,極めて自由なんだということことにやっと35年ぶりくらいに気付きました。

 でも本当は何だか寂しいですね。

 夢がないと命は惰性だけか。。(← ゼイタクな。。自己実存の夢とは別の社会性の夢も捨てたのか?)

 でも,元電車男モドキ?(フーテンの寅さんモドキ?)のような自分には,最近とみに「人間の温もりの方がいい。」と感じて軟弱化していくのもいいことかもしれないです。ずいぶん遅れてきた春ですね。(手遅れダネ。。。)

 かつて精神的病にもなったほどの人間的迷いもトキメキも失われ,諦めも含めて鉄面皮になって,男でも人間でもなくなった現在。。

 厄介なものであっても当然有るべき感性が失われてきているのも自由であると感じる理由ですが,これもまた本当は私だって寂しいです。

 かつて,20代から43くらいまでの正社員時代には,普通に会社の仕事のストレスや疲れの解消で余裕さえあれば外で酒を飲み,また深夜残業で会社に寝泊りしたり,たまには息抜きfで学生時代には謳歌できなかった合コンのような遊びのクラブ活動に忙しくしていました。

 そして,東京に来て就職当初は寝る前の日課としていた,お金にはならない純理論の独学という夢作業もおざなりになっていきました。

 43~44歳でバブルも終わった頃にフリーターになるというタイミングの悪さで,35歳のとき所帯持つことも予想して買った木場(豊洲)のマンションのローン支払いが厳しくなって巣鴨のマンションに引っ越した頃から49歳の1999年末まではいくら探しても安定した職が無く,生活費のためのアルバイトに追われていました。

 しかし,塾や専門学校の単発の講師や交通ガードマンなどの仕事がない日には一日中閑で,しかもまだ若くて体力があったのが幸いして,生活のお金はギリギリでも専門書を買うくらいの余裕はあって誰に聞くでもなく殻に閉じこもった独学に邁進しました。

 49歳暮れから7年間は派遣社員としての夜勤と途中51歳暮れから55歳暮れまでの最初の会社の昼勤アルバイト時代はまた疲れて,正社員時代のような状態になり,56歳からは派遣社員だけで自由時間できてブログを書きはじめました。

 しかし,恐らくはこの4年間の夜勤+昼勤(+専門学校2年)の過労?で56歳暮れに倒れたのではないかと思います。

 これだけ勤務しても正社員でバブルの時代,夏春にはかなりの賞与があった頃の収入には程遠く,長いフリーター時代に少しずつ溜まっていったり,軽い詐欺にあったりした借金の返済に汲々していたのです。

 決して現在のようにナマけた状態でははなかったのです。

PS:思いついたら湧き上がってくるものを自動書記的に書いてしまうので,寒いせいでの謂わゆる一つの弱音に過ぎないかもしれません。気分屋なので暖かくなったらまた別の気分になるカモ。。。

 または,興味ある新テーマなど何らかの刺激があればネ。

|

« 線型代数のエッセンス(6)(線型部分空間) | トップページ | 線型代数のエッセンス(7)(1次変換-1) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

度々済みませんが、私が昨日見た「神」というのは、↓の事です。
http://www.youtube.com/watch?v=8CmZHFWpxt4

という事で、
>I saw God today.
は、
>I saw a godess today.
に訂正させていただきます。

投稿: 凡人 | 2011年2月12日 (土) 01時53分

私にとって、ギドラとは実体の分裂で、キメラは論理の分裂です。
論理が分裂すると実体も分裂し、実体が分裂すると論理も分裂します。

投稿: 凡人 | 2011年2月11日 (金) 12時56分

すみませんでした。
日本語でコメントしなおします。

My dream is to exterminate both gidolas and chimeras.
ギドラとキメラを撲滅するのが私の夢です。
However, somebody helps them; therefore, I can hardly achieve it.
しかしながら、彼らを手助けしている人がいるので、それはとても困難です。
I never give up my dream until dying.
私は死ぬまで決して諦めません。

I saw God today.
私は今日、神を見ました。
A miracle had happened after all.
やはり奇跡は起きました。
I'm glad that I didn't give up my dream.
私は夢を諦めなくて良かったです。

投稿: 凡人 | 2011年2月11日 (金) 12時37分

 凡さん。。

 何でもいいですが,できたらコメントは日本語で願います。

         TOSHI

投稿: TOSHI | 2011年2月11日 (金) 08時14分

I saw God today.
A miracle had happened after all.
I'm glad that I didn't give up my dream.

投稿: Layman | 2011年2月11日 (金) 01時51分

My dream is to exterminate both gidolas and chimeras.
However, somebody helps them; therefore, I can hardly achieve it.
I never give up my dream until dying.

投稿: Layman | 2011年2月 9日 (水) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/38785124

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を諦めてしまうと気楽ですが寂しいものです。:

« 線型代数のエッセンス(6)(線型部分空間) | トップページ | 線型代数のエッセンス(7)(1次変換-1) »