« 線型代数のエッセンス(5)(線型空間2の補遺) | トップページ | 日本はいつから司法権力が第一の国になったのか? »

2011年2月 4日 (金)

大相撲の八百長はいけないことなのか?

 ふと思ったのですが,「大相撲」の八百長はなぜいけない行為とされているのでしょうか?

 そもそも,「大相撲」の八百長は法律的には犯罪じゃないらしいし,相撲協会の内部規定に禁止事項があるのでしょうか?

 社会的には,常識的な勝負事のモラルに反するのでしょうが。。。

 蒸し返すわけではないけど,朝青龍はむしろ大相撲は立派なプロスポーツであり自分は格闘技のアスリートであるという自覚があって,その意識が大相撲はスポーツである前に伝統文化であり,国技であるという日本的な建前を上回って,結局はつまらない暴行刑事事件でクビにされたのでした。 

 スポーツじゃなくて文化であるというなら,同じ個人の格闘の興業で収入をあげるプロレスなどは"パフォーマンス=見せ物”文化であり,勝負の結果も含めた成り行きが半分以上シナリオ通りであるというようなやらせは当たり前で,昔ならいざ知らず今はそれを承知で観ています。

 また,国技というなら.結果として牛が負けて殺されるように仕組まれ,強い牛であれば薬物などで弱らせておくと聞いている「闘牛」というのもありますね。

 一方,「プロ野球」での八百長はメジャーでも日本でも過去に何回かあって永久追放されたという例がありますが,これは大相撲の内部の力士の星の貸し借り星の売買というよりも,野球賭博という別問題がからんでいます。

 まあ,野球は少なくともパフォーマンスの前にスポーツであってルールに則った真剣勝負であるということは自他共に認めています。

 また,相撲でも賭博がからんでると話は別でしょうね。

 私自身は,顰蹙を買っていたのに平気でガッツポーズをする朝青龍のようにルールに則った真剣勝負の格闘技スポーツという側面の方を重視して観ていたので,もちろん八百長勝負の可能性あるなら興味を失います。

 でも,大相撲がプロレスのような存在なら,"何故八百長がいけないの?"という感覚を持つのもありかなと思います。

 この問題のせいで,せっかく2/11に予定していて大相撲の力士の相撲を取る姿を生まれて初めて生で見られると期待していた「福祉大相撲」が中止となりがっかりです。

 その他には,mixiのマイミクの日記から仕入れたのですが,「たとえ大相撲の八百長の証拠であろうと,それが犯罪でないということなら,警察が別の刑事事件の証拠として押収したらしい携帯電話内の守秘義務のある情報を勝手にリークしていいのか?」という問題もありますね。

|

« 線型代数のエッセンス(5)(線型空間2の補遺) | トップページ | 日本はいつから司法権力が第一の国になったのか? »

013 スポーツ(ニュース・イベント)」カテゴリの記事

コメント

同感です

投稿: LEARN | 2011年2月 4日 (金) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲の八百長はいけないことなのか?:

« 線型代数のエッセンス(5)(線型空間2の補遺) | トップページ | 日本はいつから司法権力が第一の国になったのか? »