« 被災地へのお見舞い | トップページ | 散乱の伝播関数の理論(21)(応用6補遺)」 »

2011年3月27日 (日)

普通の日記です。

 今日は久しぶりの寝て曜日です。例によって不眠症なので朝5時には目覚め,科学ブログの原稿をワードで書いたりネット将棋をしたりしてました。

 心に余裕があったので,11時過ぎには久しぶりにカレーでも作ろうと思い冷蔵庫を見ると,10人前のカレールウと玉ねぎとジャガイモはありましたが,肉がありません。

 そこで,ジャガイモ2個と大き目の玉ネギ1個に肉の代わりに薄いハム4枚を刻んで入れて5人前(5食分)を作ることにし12時半頃にはできあがりました。

 しかし,朝7時半頃にお茶漬けを食べたとはいえ何故かあまり食欲がありません。でも大好きなカレ-ライスなのでご飯を大皿に盛ってカレーをかけると一気に食べることができました。

 その後14時過ぎから,故郷岡山の関西を応援しようとNHKで選抜高校野球の第3試合の東海大相模との1回戦を見ていると何と予想外のボロ負けです。これで創志学園と広島の総合技術に続き中国地区は全滅です。

 応援も無駄で,何故かまた食欲がわいたので,夕食には少し早いがカレーを少なめに皿1杯食べましたが,しばらくすると極端な脱力感に襲われました。

 これは,経験上低血糖の症状ですが普通以上に食べてるので変です。

 しかし,一応念のため角砂糖をいくつか食べたり,さらにカレーライスも茶碗1杯程度食べたりしましたが,胃のあたりの不快さは変わりません。

 確か不眠症による睡眠不足もこれと似た症状なので寝ることにしました。

 自然に寝入ってしまいましたが,20時半頃,ひどい嘔吐に襲われて目覚め,せっかく食べたカレーライスをあわててベッド上に敷いた新聞紙の上に全部吐いてしまいました。そうです,単に食べ過ぎだったようです。

 前から食が細く胃が小さいのはわかっていますが,このところ昼の食堂以外の自宅ではお茶漬け,卵かけご飯,味噌汁ぶっかけご飯など流動食に近いものばかりだったので胃がビックリしたのかもしれません。

 とにかく嘔吐でサッパリして気分の不快感は去りました。

 ここ2,3年飲酒をしても吐くことはなかったので吐く苦しさは久しぶりですが,胃の中に吐くものが充分あったので前ほど苦しくなかったです。

 でも,食べ過ぎに気づかず低血糖症と間違えるなんてやはり変です。

 また,昨日あたりから,右目は膜が張り付いたようにほぼ完全にぼやけています。左目をふさぐと明暗しかわかりません。

 23日に視力検査したときは右目は0.4でしたから検査時にはある程度見えていたはずですから,これは再び眼底出血でしょう。

 医者は11月の最初からレーザー手術なしでも眼底出血は自然治癒するだろうし心臓病の血液をサラサラにする薬と競合するからと血を止める薬も何も処方されません。

 でも出血した血が視野をさえぎっているなら血を止める薬じゃなくて血液をサラサラにする薬を追加したほうがいいんじゃないかと思います。

 どうも内科といい眼科といい月1回の定期診察を受けて数日すると調子悪いですが,行ったばかりなのでまた連絡をして行くのは億劫です。(両方ともヤブじゃないの?)

 それに帝京大病院の眼科などは救急でないなら予約取る必要あって緊急連絡でもいつになるかわかりませんしね。

 今夜は日曜日のみ営業していて金がなくても毎週飲みに行く習慣となっているお店が,中国人ママ2人とも2週間ほど上海に里帰り(日本から逃げた?)ということで休みなので,おとなしく静養して明日にそなえます。

 吐いたので,普通にjおなかが減ってきたのでお茶漬けでも食べます。

PS:今日はこれまで2回もPCが反応しなくなりワードで30分間書いた文章も全部消えたりしてマシンも不調,野球も期待はずれでついてないみたいです。

|

« 被災地へのお見舞い | トップページ | 散乱の伝播関数の理論(21)(応用6補遺)」 »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/39390034

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の日記です。:

« 被災地へのお見舞い | トップページ | 散乱の伝播関数の理論(21)(応用6補遺)」 »