« 5月初めの癒し | トップページ | 相対論的場の量子論(正準定式化)(14) »

2012年5月 4日 (金)

入院中に撮った写真等

 表題の通りです。

 ,入院中に,何とはなしにときどき,景色を中心に写真を撮りました。

 まずは,4/17(火)に帝京大付属病院の内科病棟の15階に入院した後,7階まで 降りて屋上庭園で撮影した写真からです。

  

 ↓ そこにいた庭師?に聞くと,これは芝桜だそうです。 ふーん。さくら?

   

    ↓この花は何だっただろう?

   

 

    

 次は入院した日の晩,,1503室の同部屋のS川さんから借りた本です。

 恩田陸の「夜のピクニック」(2004年本屋大賞)です。

  

 私なら恐らくこうした小説を読むことを選択することはないでしょうし,病院で読む小説としては,この種の内容がマジ?の本は選ばないと思います。

 折角なので,読み始めたら結構興味深く毎日,少しずつ読み進んでいました。

 しかし,27日の眼科診察で医師から急に「明日退院していい」と言われ,,S川さんは「6月までは15階にいるから返すのはイツでもいい」と言ってましたが,そういうわけにもいかないので,その日のうちに残りを読了し夜消灯前にはお返ししました。 

 結局,今回の入院で読んだ小説はこれだけでしたが,今までの入院時の推理小説やB級の娯楽小説とは違って,病院で読む小説という意味じゃなく,ても新しい読書傾向の趣味が開けたカモ。。

 以下は,時系列順に20枚くらい。。

 まずは,翌朝(4/18(水)),内科15階談話室の窓から見た東京の絶景から。。

 ↓超肥満で,医学的に減量中の元自衛隊員という兄ちゃんから,正面に朝霞の駐屯地のタワー?が見えて,天気が良ければ富士山も見える,と言われたので,こちらは北向きの窓でしょう。

   

↓15階の一般用の中央エレベータの15階フロアです。

 手術の際のストレッチャーとか医師,看護師などの業務用は別に奥のエリアにあって患者は入れません

  

    ↓15階談話室の給湯コ^ナーです。

     

  ↓同じく15階談話室のテレビとゴミ回収ボックスです。

 私は自室ではなく,ほとんどここにたむろしていました。

 「なるべく部屋にいてくれ」とよく注意されましたが,それじゃ退屈なので

    

↓別の日にやはり15階北向きの窓からです。

    

    

    

  4/23(月)の朝の10時半頃,晴れて15階から7階の眼科病棟に移りました。

  ↓その記念に,自室のスグ隣出口から7階屋上に出て病棟側?を撮影

    

  ↓7階の私のベッドとそのまわり

   

  以下は,内科から眼科への転科の数日後にやっと晴れて,屋上に出たときに撮った写真です。

 入院最後の頃,天気が良くてドアが閉鎖されずに屋上に出られる日は少なかったので,これらを撮ったのも全部で2日か3日くらいでしょうか。。

    ..

 ↓7階屋上庭園からさらに病院の上の方を撮りました。

  前にいた15階などまだまだ上の階があります。

  

    

    

 ↓昨年6月には,屋上この当たりの排水路に,カルガモの親子がいました。

 去年は,カメラは無く携帯電話もカメラ機能無いので惜しいことをしました。

   

  

    

   

   

   

 これで終わりです。

 

|

« 5月初めの癒し | トップページ | 相対論的場の量子論(正準定式化)(14) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/45127282

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中に撮った写真等:

« 5月初めの癒し | トップページ | 相対論的場の量子論(正準定式化)(14) »