« 将棋お泊まりオフに行ってきました。 | トップページ | 訃報!!山田五十鈴さん。。 »

2012年7月11日 (水)

将棋オフ+飲酒,ほおずき市+飲酒,病院診察。疲れました。

 前記事で書いた7/7(土),7/8(日の焼津での将棋一泊二日では,少ない予算の中で,お土産に「お魚センター」でシラス,チリメンジャコなどを買いました。

 でも,魚介類の生ものを翌日誰かに渡す気にはなれなかったので,スグ自宅には帰らず,たいとさんの車で19時半頃,行きつけで唯一日曜日でも開いている大山の居酒屋までに直行させてもらいました。

 結局,自宅に帰り着いたのは夜中の12時半で,それから寝て翌日7/9(月)は8時半に家を出て,会社を朝9時半出発で浅草の「ほおずき市」に行きました。

  

   

   

   

    

 当日は日差しが強く人も多くて無料で座って休む場所も少ないので我々障害者の団体にはややきつかったです。

 一緒に歩いていた癲癇持ちのFさんの発作が起こりやすいのが丁度昼前のこの時間帯であることを知っていたので,心配でしたが,遊びという気楽さがあったからか何とか大丈夫だったようです。

 その日は,8月に辞めるT.Eさんを囲んで,お茶をして帰宅しましたが疲れていたので20時頃までウトウトしていました。

 まだ夕食も食べてなかったのに,スナック「美代」のマスターから,「金なくてもいいからタマには来い」というお誘いの電話があって,「美代」に行くとカウンターには,最近馴染みになった65歳くらいの男性客と一人暮らしの70歳くらいの女性がいました。

 この店は平均年齢が高い店で私のような62歳は,ハナタレ小僧扱いです。

 巣鴨の一番街のスナック店の多くは,カウンターの他にボックスが1つとあるだけですが,結構一人客が多く,2人以上でも大抵はカウンターに座って,マスター,ママ,女の子?たちやお]客同士が袖擦り合うような状態です。

 私も話をしたり歌を歌ったりしていましたが後から来て右隣に座った,やはり70歳くらいの女性の様子がオカしく,背もたれがないスツ-ル椅子なのに頭が後ろに下がって危ない状態なので,しばらく背中をさすったり痛みや気分などの具合を聞いたりした後,マスタ^ーに言われて携帯で救急車を呼びました。

  救急車のサイレンに巣鴨一番街のあちこちの店からママやマスターや店員とお客のヤジ馬が少し出てきました。

 救急車に立会ったりしていた私は,ヤジ馬のほぼ」全員が知り合いなので挨拶して話をしていました。

 熱中症なのか?小石川から救急隊員が来て,大事はなかったようですが一応病院まで搬送してもらいました。

 そうしたこともあって結局,その後2件ハシゴして朝4時半に自宅に帰り,夕食を食べてなかったので軽く食事をして朝6時頃に寝ました。

 しかし,7/10(火)の11時からお茶の水の順天堂大病院での予約で,糖尿内科の診察を受け,次までのインスリンをもらう必要があったので,朝9時半には出かけて,14時過ぎに帰宅しました。

 さすがに疲れました。

 気のせいか,インスリンに変えてから薬を忘れたりした場合には血糖降下剤を飲んでいたときの緩やかな症状とは異なり,,テキ面に足の痒みやリウマチのような神経的痛みなどの糖尿病の高血糖症状がヒドクなるような気がします。

 やはり,何らかの中毒性,禁断症状があるのでしょうか?

 休みをとっても旅行と病院診察では休養にはなりませんね。

|

« 将棋お泊まりオフに行ってきました。 | トップページ | 訃報!!山田五十鈴さん。。 »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/46282584

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋オフ+飲酒,ほおずき市+飲酒,病院診察。疲れました。:

« 将棋お泊まりオフに行ってきました。 | トップページ | 訃報!!山田五十鈴さん。。 »