« 相対論的場の量子論(正準定式化)(33) | トップページ | 相対論的場の量子論(正準定式化)(34) »

2012年11月23日 (金)

また,来週入院して手術

 11月22日帝京大病院眼科で診察受けて糖尿病による左眼の眼底出血の血が自然に引く代わりに,逆に濃くなっていて眼圧も上がっていたため,

 急遽,,来週27日火曜日に混濁した硝子体を除去し,さらに網膜の出血しやすい部分をレーザーで焼くという手術をするということになって,手術前日の26日月曜日の朝から病院7Fの眼科病棟に入院することが決まりました。

 前回4月の手術は23日入院,24日手術,28日退院でしたが,今回は硝子体はもとのゼリー状から既に水に変わってるので余後経過にもよるでしょうが入院期間は一週間前後と思います。

( ※ 2012年4/29の過去記事:「退院しました。」を参照)

 取り合えず報告まで。。

 帰宅して疲れて寝ていて夜中に目覚めてコレを書いてます。

 明日(イヤもう今日?)は,出勤です。,23,,24,,25日と出勤して26日入院です。

 今月は26日から30日まで残り5日間は入院中のため無給となり,月末締めなので12月15日支給の11月分給料が減ります。

 まあ,同じ日に年金も入りますが,年末に入るし休んでては,おマンマの食い上げです。

PS:12月7日夜出席予定にしている新宿歌舞伎町近くのモツ焼き屋での久しぶりの旧パソコン通信:ニフティサーブFSHOGI(将棋フォーラム)の忘年会に出られるかどうか心配です。

 4月の入院時も,丁度,豊島区の手話講習入門コースの同窓会に出席予定にしていたのに,急遽,眼科での手術の前に血糖値が高過ぎて,一週間前の4月17日から内科の方に入院して眼科に移ったので出席できませんでしたから。。

 '※ 2012年4/12の記事:「入院一週間早まることになりました。」を参照)

 って,飲み会どころじゃないだろ?>自分 

 最悪,左眼失明して右眼しか見えなくなるリスクも皆無じゃないんだよ。。

|

« 相対論的場の量子論(正準定式化)(33) | トップページ | 相対論的場の量子論(正準定式化)(34) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

なんか、もうボロボロですね
すべての問題が、深酒にあるのは分かり切って
おりますが
結論から言えば
片目だけでも健在であれば問題ありません
一番心配なのは、心臓だけです
なんとかソコだけは
守る事をお考え頂きたいのです

でも、酒の縁が
世俗との接点、生きる本質なのは
分かり切った話しで。。。

欲を言えば、そうした媒介なしで
世俗の付き合いが出来る関係が
何とか出来ないものか。。。
って考えてしまいますが
そもそも無理な話しで。。。
そういう場の設定があるからコソ
世俗の真実が顔を見せるオモシロサも
出るってモンだと思いますしね

まあ、よく飲み屋のネーちゃんが使う手
ですが、飲んだフリをするなんかは使えると
思います
ソレでも、結構おもしろいと思いますよ

年を取って来ると
いろいろ老化によって血管もボロボロに
なってしまうのは誰しもなんダト思います
だから無理をしちゃうと、スグに
あの世行きって訳ですが
自分の事を分かっておられるTOSHIさんの事

ですから、なんとか元気に復活して欲しいです

お元気に退院されたなら
もうボロボロなのは分かっておりますが
何とか頑張って、私のfolomyの投稿に
ご意見いただけたりナンカしますと
最高なんですけどね

TOSHIさんの
Hamilton-JacobiからShrodinger導出は
これまで、そうしたモノを考える
すべての出発点だったんで。。。
場の量子論の接動計算が
現実的な理論家にとって必須なのは
分かりますが
出来上がった体系以外で
そういう世界がどう見えるか

そういうバカな話しにも
酒を飲んでるつもりで、お付き合い
頂けると最高なんですけどね

だって、人なんてドウ生きようが
結局は、楽しくなけりゃー
何のための人生か分かったモンじゃー
ないっすからね
でも、TOSHIさんくらいに
理論構成の細部が気になってしまうと
そういう大ざっぱな話しは
ただ楽しむと言ったって
間違った理論構成じゃー納得できないとは
思っちゃいますが

まあ、私の考えてるような事は
数学的な構成の基礎があやふやですから
膨大な計算によって、一貫した結果を
導く程の構造をもったモノには
なっておりません
ココは致命的と思います
つまり、詳細なあらゆる場合の計算を
実行可能にするような数学的基礎や
その物理的意味がハッキリ言えるような
そういう世界を、TOSHIさんは
提示し続けておられ、そうした中の
一場面としてアノHamilton-Jacobiも
あった訳ですからね

まあ、意見を下さいと言って
ハイハイって訳にも行きませんよね
TOSHIさんの話しは、すべてがつながって
いる訳で。古典論は古典論として一貫し
場の量子論だって一貫したモノになっていると
思いますから。。。無理な注文ですた

って事で、健闘をお祈り致します

投稿: like-mj | 2012年11月25日 (日) 15時37分

こんばんは、明男です。釈迦に説法ですが、血糖値のコントロールは大変でしょうが食事で抑えられるので残念です。御存知のように糖尿からの眼底出血は血管の傷みが根底にありますから油断できませんね。でもまあ、入院中は治療食ですし、日々の生活も安定しているので、しっかり養生してください。言葉でしかお見舞いできませんが、本当に快癒を祈念しております。

投稿: 明男 | 2012年11月23日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/47943257

この記事へのトラックバック一覧です: また,来週入院して手術:

« 相対論的場の量子論(正準定式化)(33) | トップページ | 相対論的場の量子論(正準定式化)(34) »