« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | 明日初出勤します。(最初の癒し動画) »

2013年1月 2日 (水)

タキオンと因果律(再掲)

 

新年になりましたが.作年12月後半からっずとと科学記事がないのも

私のブログらしくなくてサビしいと感じたので,私得意の手抜きとして

昔の記事を再掲載してツナギにしたいと思います。

 

 ブログを始めてまだ3ヶ月くらいの2006年6/29の過去記事

タキオンと因果律」を再掲します。

  

この記事は.このところずっと古典電磁気学を復習していて,過去の

シリーズ「電磁気学と相対論」や「電場と電束密度,磁場と磁束密度」

をチェックしているうちに遭遇し,

 

参考文献が記述してなかったので.我ながら元ネタは何だろうか?

と数日間探しているうち,やっとメラーの「相対性理論」の中に

あることを発見できたモノです。

 

元ネタを探していたのは図を挿入するためで,元本には恐らく図がある

と思い.それを参考にするかスキャナーで取り込めると期待していたか

らです。

 

結局.年末に元ネタはわかりましたが,図はなかったので自分で描こう

としました。

 

しかし,作成中にワードがオカシクなって全部消えたので頭来てPending

にしていて気分落ち着いたので.さっき文章だけアップした後でボチボチ

描いて挿入しました。

 

再掲記事でなく元記事に挿入するためなので,後で入れときます。

  

ある意味.今年の初仕事ですね。

 

※以下,再掲載記事です。

  

相対論ではタキオン(超光速粒子)の存在は否定されません。

 

これは虚数の質量を持ち光速より遅い速度では走ることができず,

エネルギーを貰えば貰うほど速度が遅くなるという不思議な粒子

です。

 

これが存在すると,因果律(原因の方が結果より前:という基本法則)

が破られます。

 

因果律が破られる事実は具体的には次のように示されます。

 

まず,ある座標系,これを仮に静止系Sとします。

 

この系に対して,x軸の正の向きに相対的に等速度運動している系S'

考えます。

 

それは宇宙船に固定された系であるとしてもかまいません。

 

ただし,これはタキオンではないのでその速度の大きさvは

光速cより小さいとします。

 

静止系Sと運動系S'の双方の時刻ゼロ(t=t'=0 )に,双方

の座標系の原点が一致する(x=x'=0 となる)ように座標系

を取ります。

 

そして,x 軸の正の向き(=右向き)に運動する系S'の原点に

固定されている宇宙船から,時刻ゼロ(t=t'=0 )に光速より

速いタキオン信号をこの運動系でのx軸であるx'軸の負の向き

に発信します。

 

この信号を原点よりも左遠方のある位置で受け取った静止S系

にいる人が,受け取ったと同時に別のタキオン信号をx軸の正の

向きに返して,最初から静止S系の原点にじっとしていた別の人

が受け取るとします。

 

 

 

相対論のLorentz変換を使って,これを計算すると,最後に戻した

信号が静止していた原点にいる人に到達する時刻が静止系で負

になります。

 

そこで,じっと原点に静止していた観測者が時刻ゼロにすれ違った

宇宙船が信号を発するよりも前に,戻ってきたタキオン信号を受け

取ることになります。
 
 つまり,信号を発する前に信号が返ってくるという不思議なことに

なりますから,これは未来の情報が過去に伝わるという現象の例に

なっています。

 

これで因果律は破れます。

 

では具体的な計算を見てみましょう。

 

宇宙船の速さをv<c,タキオンの速さをw>cとして2次元

のLorentz変換で計算します。

  

一般的に扱うために宇宙船から発射するタキオン信号の速さを

1,受け取ってから返すタキオン信号の速さをw2とします。

 

ただし,w1,w2>cです。

 

最初にタキオンを発信するときの位置は,原点x=x'=0 で,

そのときの時刻はt=t'=0 です。

 

ただし,前の説明段階でも述べたように,信号を受けて返す人

慣性系(静止系)をS,それに対して速度vで運動し宇宙船が静止

して見える慣性系をS'として,S系の2次元座標を(x,t),

S'系での同じ点の座標を(x',t')としています。

 

そして,宇宙船から発信された最初の信号が左遠方の別の人に届

くまでの時間(届く時刻)を宇宙船S'系の時刻でt1'とします。

 

すると,届いたときの点のx'座標は,明らかにx1'=-w11'

です。

 

このとき,静止している観測者の系からみた位置での時刻は,

1=γ(t1'-vw11'/c2)=γt1'(1-vw1/c2) です。

 

ただし,γ={1-(v/c)2}-1/2です。

 

そして,観測者の系からみた位置座標は,

1=γ(x1'+vt1')=γt1'(v-w1)

です。

 

この時刻1に,位置x1から速度w2で信号を返します。

 

この信号が原点に静止している別のS系の観測者に届く時刻を,

その原点に静止している人の時刻でt2とし,これを求めます。

 

1+w2(t2-t1)=0 (原点)ですから,これに,

1=γt1'(v-w1),t1γt1'(1-vw1/c2)を代入

すると,γt1'(v-w1)+w22-γw21'(1-vw1/c2)=0

となります。

 

これを解けば,t2γt1'{1-vw1/c2+(w1-v)/w2}

を得ます。

 

したがって,例えばw1>c2/vかつw2>(w1-v)であれば,

2<0 ですから,信号を発信した時刻t=0 より前に,まだ発信

してもいない信号が返って来ることになり,これは因果律を破

ってしまいます。

 

もしも,w1=w2=wならt2=γt1'{2-v(w/c2+1/w)}

です。

 

そこで,w>c2(1+1/γ)/vの条件でt2<0 になりますから,

発信信号と返信信号のタキオンの速さが全く同じであるとし

ても因果律を破ることが可能です。

 

w=cの臨界値,つまり信号がタキオンではなくて真空中の光

=電磁波"なら,受けて返した信号が原点に届く時刻は,

2=2γt1'(1-v/c)であり,このt2はv<cなら正,

v=cならゼロです。

 

この例では,光速を超えるだけでは因果律が破られるとは限らず,

もうちょっと大きい速度のタキオンが必要なようです。

(※これはチョッと計算を間違えたかな?)

 

しかし,宇宙船の速度vも光速に近くなれば信号速度が光速を超

えただけで因果律が成立しないことにはなりますね。

 

もしも,どこかに計算間違いありましたら,ご指摘ください。

  

PS:ここで用いたLorentz変換は光速度不変に基づくもので,

相対論的運動学(幾何学)の式です。

 

力学(mechanics or dynamics)を導入せず,運動学(kinematics)

だけの話なら,議論に質量は入ってこないので虚数質量という

問題も生じません。

 

また,S'系のSに対する相対速度の大きさvがv<cを満たす

なら.γ={1-(v/c)2}-1/2も普通の実数です。

 

この例では,信号速度の大きさwについてw>cであっても,

宇宙船の速度の大きさvが超光速,つまり,v>cでない限り

はγが虚数になることはないので普通に計算できて因果律の

議論ができるのですね。

  

(再掲記事終わり※)

  

PS:バカヤロー。。

  

ほんのちょっとだからよかったものの。アップした記事の

修正・編集をしている最中にwindowsのシャットダウンなんか

するなよな。。

 

偶然どっかのキイに触ったかも知れないけれど,オレにホットキイ

なんか余計なお世話で必要ないからネ。。

  

こいつは,初春(はる)から極めてエンギが悪い。。

  

さて,今から日本テレビで箱根駅伝でも見ます。

 

日テレでは高校サッカー中継もあるみたいです。

 

私の故郷の岡山県代表はどこだろう。。普通は作陽高校ですが。。。

  

年末の高校駅伝も例年通り,男子は倉敷.女子は興譲館で優勝では

ないけどそぞれ.4位.2位とそこそこ活躍したようです。

  

高校野球の秋の神宮大会でも関西高校が準優勝と,これまでのお隣

の広島県ほどではないですが.いくつかのスポーツで全国区になりつ

つあるようです。

  

自分の馴染み」深い愛着のある地域や人々を愛すること,故郷を愛することは

必ずしもナショナリズムじゃなくて,,たとえいつか世界連邦のように国家が発展

的に消滅して地球が1つになったとしても残る感情でしょうね。

|

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | 明日初出勤します。(最初の癒し動画) »

105. 相対性理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タキオンと因果律(再掲):

« 新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | 明日初出勤します。(最初の癒し動画) »