« 訃報 特集!! | トップページ | (再掲)公開キー暗号(神はサイコロ遊びをなさる) »

2014年5月21日 (水)

近況および雑感

 お久しぶりのTOSHIです。

 長いブランクのせいか?ブログは以前のようにサクサクと書く気持ちになれず,暖かいコメントや質疑にも即対応できません。

 最大の理由は体や心ではなくPC or ネット環境でしたね。

 取りあえずGW中にWin7がプリインストールされたDual-Coreの2010年ころの富士通の中古デスクトップ本体のみヤフオクで即決価格(11980円+送料1200円=13180円)で落札しました。

 以前友人にCore2以上は落札最低2万円程度と聞いてたので,これでうまく以前の環境を取り戻し,さらに最近の重くなったソフトのパフォーマンスに対応できれば良い買い物かなと思いました。

 何せ普段はエンゲル係数100%に近い貧乏人なものですから。。。マシンが完全に壊れるか,今回のようにXPの保証終了とかで無ければマシン環境にお金をかけたりできないところです。

 もっとも普通に苦労なく歩いていけるなら,アキバの奥のバッタ屋で買った方が安いかもと思います。

 品物は5/10には大阪から届きましたが,これは追加でなく旧マシンを捨てて完全に置き換えるつもりで買ったものです。

 5/12には旧マシンのデータやソフトのプログラムをバックアップして一応ネットもやメールも使えるようになりました。

 旧マシンは3年前だったか?アキバの奥にあるショップ・インバースで保証無しで5900円(4900円+佐川送料1000円)で買ったものです。

 OSがXPであるのを除けばCoreのパフォーマンスの」せいか青息吐息で暑い日は大きな音たててましたがまだまだ現役可能だった日立の中古デスクトップFlolaです。

 フレッツ光は入院中の3/19に1月支払い請求の12月分を2ヶ月経っても支払わなかったため止まってましたが,退院後の4月末に12月分,1月分の2ヶ月を支払って復活していましたが,5/19には2月分=3月支払い分未払いでまた止められました。

 今はフレッツよりちょっと遅いけど主に入院中にタブレットでアクセスするために使用していた無線のBiglobe-Wimaxをアクセスポイントとして新マシンをLANでつないでネットに接続しています。

 よく考えたらこれで十分ですね。

 入院で2,月3月.4月は事実まったく使ってなかったのに,消費税は5%のときはフレッツ7300円+ひかりTV4200円=11500円とOCNプロバイダ735円とNTTファイナンスの代行手数料210円の1ヶ月当たり合計12445円を請求されています。

 また入院前の昨年12月についプロバイダだけOCNからYahooに変更して2ヶ月間は無料だったのでほったらかしているつもりでいたら緊急入院で解約手続き忘れてて,オプションも消すつもりがそのままでこれも月6000円くらいになってました。

急遽退院直前にOCNは解約し,オプションも新マシン変更後に解約しましたが今月まで料金かかるそうです。

 それに加えてこちらは銀行自動引き落としで滞納してませんがBiglobe-Wimaxについては約4000円のみです。これだけで十分なのでフレッツ関係とYahoo両方とも全解約してさっぱりしようかな?

 これ以上のブラックリストに載るのはイヤなので解約までの請求分は今まとめて払うのは無理だがオイオイ納入するとして。。。

 Biglobe-Wimaxも料金はそのままでWimax2+にすれば下り110MBPSということらしいので今の住所での実効速度はフレッツ光と大差なさそうだし。。。

 こちらはまた入院しても無駄じゃなくて病院でも使えるしね。。

 もちろんYahooも月540円でBBフォンとかをオプション契約すればどこでも通信可能なのは知ってますが。。。

 テレビは普通の地デジのほかには偶にNHKのBSや時代劇チャンネル,日本映画専門チャンネルを見るくらいなので,スカパーの個別契約で今の4千円を半分の2千円にできそうです。

 2015年2月には65歳で,そこまで生きていれば老齢年金が満額になるので,私には細かい金の節約勘定などは似合わないのですが,背に腹は代えられないし結局はこれまでのアバウトなドンブリ勘定的浪費を抑えられるかも。。。

 次に,最近の雑感としては,ここのところなぜか「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」,あるいは「両刃の剣」という言葉が頭にこびりついています。

 便利なものには当然のリスクが伴なう。そして,逆にある程度のリスクを覚悟しなければ虎児は得られないという意味ですね。

 人間は火を使うことで大きな利を得ました。火については人にも制御可能だったのでリスクよりも益の方がはるかに勝ったようです。

 ただし,火(自然科学)は銃やノーベルの創ったダイナマイトと,その後の核兵器に到るまで人殺しの道具=武器の礎ともなりました。

 原子力も核兵器でなく原子炉という形では非常に便利ですが,これは現在や近未来においても人間には制御不可能なシロモノで,恐らく未来永劫使用済み燃料をゴミとして処理さえできないのでは?と思うので,これによって大きな害を拾うより利の方を捨てるべきかな?と私的には考えています。

 まあ,問題提議というより「諸刃の剣」の典型例を挙げたまでですが,こうした形あるものでなくても組織や個人の情報なども「諸刃の剣」でしょう。

 中世日本ではまさに秀吉が刀狩りを行なって文字通り一般庶民から剣を取り上げ殺傷能力の大きい武器は時の権力が独占しました。

 それ以後,日本は島国であり国として外敵の攻撃を受けることも少なく江戸時代には侍が刀を持っていたとはいえ,派手な合戦もない時代が続きました。

 そして,明治以後も戦争に巻きこまれた,あるいは積極的に侵略戦争?をしていたとき以外,暴力の抑止力として一般個人が銃を携行する(これも「諸刃の剣」の一つ)というような自分の身は自分で防衛する。という考え方を持つ人は少なく,事実,日本の庶民は刀狩り以降は未だ銃を持ちません。

 また,大戦後の日本は一応明確な意味での軍隊も持たず,核も持ちませんからこういう意味では丸腰でいいという意味で一貫しています。

 他方,米国などはその開拓の歴史もあって自分の身は自分で守るということで抑止力として銃砲を所持するということが許されていて軍隊を持つということもその延長として一貫性が保たれています。

 日本人には謂わゆる丸腰の思想。。銃など持たないでいい。という思想が根付いていますが,それでも最近は外的に対しては軍隊が必要というような思想も入ってきているようです。

 まあ,丸腰でいい。というのには自分たちは安全であるという神話。。

 悪くいえば平和ボケで衣食足りて飽食の「日本人だけが安全ならいい」というような有閑階級的思想も見え隠れし,それでいて自分たちが手を汚さなくてもいざというときには母なる米国が保護者として助けてくれるという甘い話があるのでしょう。。

 そうはいっても,理想は銃を持つ必要などない世の中を目指すべきです。今どき抑止力などという発想ではアンクロであって,これに未来はないな。と思っています。。。

(↑理想を主張して何が悪い?? もっとも現状のような過渡期であれば理想はキレイゴト,または絵に描いたモチ,または急進的小児病などといわれるものであることは十分承知していますが。。。)

 ただし,米国は今の民主党のオバマはともかく,共和党のブッシュの時代には貿易センタービルの2~3千人の死者に対する報復行動で,自国の兵士も含め戦争で延べ十万人以上の犠牲者を作るような政府です。

 こうした米国の庶民ではない権力者の尻馬に乗るよりも,寧ろアラブetc.の無辜の民の方の味方をすべきだろう。。との私的思想は以前から不変であることを強調しておきます。。。 

結局,支離滅裂だな。。→自分

|

« 訃報 特集!! | トップページ | (再掲)公開キー暗号(神はサイコロ遊びをなさる) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

>アンクロ

>アナクロ
でしょうか?

投稿: 凡人 | 2014年6月 1日 (日) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/56266149

この記事へのトラックバック一覧です: 近況および雑感:

« 訃報 特集!! | トップページ | (再掲)公開キー暗号(神はサイコロ遊びをなさる) »