« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月25日 (金)

川島なおみさん。。。逝く

  川島なおみさんが神に召されました。胆管ガンだそうです。

  享年54歳。。。神々の愛でにしものは夭折す。。

 これからというときに,志半ばで死を迎えなければならない無念さはいかばかり だろう。。。

 ご冥福を祈ります。合掌!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

訃報!!黒木奈々さん。。。

 私はよく存じ上げないのですがフリーアナウンサーの黒木奈々さんが胃がんで1年間の闘病の末に去る9月19日未明に亡くなられました。享年32歳。。

  オリコンニュース⇒ 胃がん闘病の黒木アナ死去 32歳

 若くてきれいだし。。利発そうです。惜しい。。。

 訃報は条件反射のようにブログ記事書きたくなってしまう。。

 これも強迫観念か??

  

ご冥福を祈ります。合掌!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報!!!!中村勝広氏急死。。。

 阪神タイガースの元選手,監督を経て現在阪神球団のGM(ゼネラルマネージャー)である中村勝広さんが亡くなられました。病死らしいです。

 享年66歳。。まだまだ若いのに。。。

 スポニチ⇒ 中村勝広GMが急死,66歳,ホテルで心肺停止状態に......

 

 現在セリーグ優勝を争っているタイガースにとって悲しい知らせです。  

  ご冥福を祈ります。合掌!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

やった!!スゴイ。。。日本ラグビー

 ラグビーワールドカップ初戦でつい先ほど日本が南アフリカに34対32で勝利しました。これまではワールドカップはアジア代表で出場はできても,1勝2分22敗で勝利自体が24年ぶりでやっと2勝目です。

 Yahooスポーツ ⇒日本大金星優勝候補で世界ランク3位の南アフリカ撃破

 最近の成績状況から今までと違って世界のトップ相手でもいい試合はすると期待してはいましたが。。。まさか勝つとは。。信じられません。

 夜中でしたが久しぶりにスポーツ観戦で最近希薄になっていた喜怒哀楽の感情が蘇り,手に汗を握り体が震えて,思いっ切り手を叩き,自室でスゴイと大声をあげて興奮してしまいましました。

 日本ラガーマン。。先のないクソジジイにも希望をありがとう。

 平和なスポーツ観戦どころではない大変な状況の人々も大勢いるだろうし,自分の健康状態も必ずしも良くはないけれど,そうしたモロモロのことも忘れつい純粋に祝福のブログを書きたくなっちゃいました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

ユニセフからのメールマガジン

 

 お久しぶりです。TOSHIです。

 現在,歩きすぎて右足かかとのの傷が悪化したため自宅静養中です。

 気楽に毎日ネテヨウビ続きで台風も関係なく自分さえ小康状態の幸せならいいや。。 

などとエゴのカラにこもって現実逃避し,ています。

 目が悪くてPCの文字なら読めても最大の趣味である読書がママならず,

 そのためか,ブログ書きもモチベーションが湧いてきません。

 まあ1ヶ月以上も空けてるので,また入院中かと思われる方もおられるかもしれません。

 が 主に上半身は元気です。

 最近の難民報道を見るに付け

 自分にできるのは誰かの協力でシリアに潜入し爆弾を抱いてアサドと自爆心中する

 くらいかな。。と非現実的な妄想を持ちつつユニセフへの援助に心傾いています。

 ユニセフのメールマガジンが届いたので転載しておきます。

windows10にグレードアップしてからこのブログのテンプレートも表示がおかしいです。

※ 以下転載です。                                                                                                                                                                                   

   

   
   

 

   
   
   

初秋の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。いつもユニセフの活動にあたたかいご支援をいただき、誠にありがとうございます。

   

危険と隣あわせでヨーロッパを目指す難民について、連日のように報道されています。3日、ユニセフのアンソニー・レーク事務局長はヨーロッパへの難民流入の中で犠牲となる子どもたちに関し、声明を発表しました。    

   
   

   

· いかなる時にも、子どもの保護を

   

· ノバク・ジョコビッチ選手、親善大使に

   

· インド:妊産婦と新生児の破傷風撲滅

   

· スマホの写真がカラフルな水のデザインに

   

· グローバルフェスタ2015出展

   
   

   

ユニセフのアンソニー・レーク事務局長が、ヨーロッパへの難民流入の中で犠牲となる子どもたちに関し、以下のような声明を発表しました(一部省略)。

   

「ヨーロッパでの移民や難民の危機は深刻化しており、ショッキングな写真がソーシャル・メディアやテレビ、また新聞の一面に載って世界を駆け回るのは、これが最後ではないでしょう。    

   

しかし世界は、これらの写真にショックを受けているだけではいけません。このショックに匹敵する行動が必要です。 子どもたちのこの悲惨な状況は、子どもたち自身の選択でも、子どもたちの力が及ぶ範囲のことでもありません。子どもたちには、保護が必要です。子どもたちには、守られる権利があるのです。    

   

ヨーロッパへ逃れようとする人々の少なくとも4分の1は子どもです。今年のはじめから6カ月間で、106,000人以上の子どもがヨーロッパへの亡命を申し立てています。     そして、これだけ多くの人々が保護を求めてヨーロッパを目指す背景には、既に200万人の子どもが国外に逃れるに至ったシリアをはじめとする紛争があることを忘れてはいけません。紛争の終結だけが、この多くの悲劇を終わらせることができるのです。」    

   
   

   

▼▽▼声明の全文はこちら▼▽▼

   

   

▼▽▼マケドニア経由の難民、過去3倍に。ユニセフの支援活動▼▽▼

   

 

   
   

   

826日、ユニセフはノバク・ジョコビッチ選手を国際親善大使に任命しました。現在世界ランキング1位のテニスプレーヤーであるジョコビッチ選手は、これまでもセルビアのユニセフ国内親善大使として、また自身の「ノバク・ジョコビッチ財団」を通じて、厳しい状況にある子どもたちやコミュニティの問題に取り組んできました。    

   

就任にあたり、「ユニセフの国際親善大使になり、これからも子どもの権利の保護と発展に貢献し、すべての子どもたちが幼い時期から十分なケアや教育を受けられるよう活動できることを光栄に思います。幼少期は、とても重要な時期です。人生の最初の数年間に十分なケアを受けてしっかりと育てられた子どもは、健康に成長し、病気も少なく、思考、言語、感性、社会的能力を伸ばし、社会に貢献する市民になれる可能性が高くなります」とジョコビッチ大使は語っています。    

   
   

   
   

   

インドのナレンドラ・モディ首相は827日、インドが妊産婦と新生児の破傷風を撲滅したことを発表しました。妊産婦と新生児の破傷風の公衆衛生上の問題としての撲滅とは、年間の感染率が出生1,000人に対して1人以下であることを意味します。

   

妊産婦と新生児の破傷風は、不衛生な環境でへその緒を切ったときに感染することが多く、途上国の農村部では、治療施設が限られているため、破傷風に感染した新生児のほとんどは亡くなってしまいます。    

   

1988年には、破傷風はインドで16万人以上の幼い命を奪う病気でした。インドは、ユニセフやWHOの技術支援を受けながら、複数の戦略を組み合わせた施策を実施してきました。たとえば、保健施設で出産した家庭への給付制度や、スキルの高い助産師の養成、妊婦健診に来た妊婦に破傷風ワクチンを接種する仕組みや、へその緒の危険な扱いを減らすための集中的な啓発活動も行われました。このような様々な取り組みが積み重なり、病気の撲滅に重要な役割を果たしました。    

   

世界では、まだ22ヶ国で破傷風が撲滅されていません。ユニセフは、妊産婦への破傷風予防接種などの取り組みをこれからも支援していきます。    

   
   

   
   

   

世界の子どもたちが安全な水を使えるよう、 ユニセフの活動を支援するTAP PROJECT JAPAN のオンライン企画「Color of Water」が、911日(金)から1030日(金)まで実施されています。

   

世界には透明ではない、さまざまな“水の色”が存在します。茶色く濁った水、深緑色によどんだ水、そんな色の水で生活している人びとがいる現状を知っていただき、オンライン上で楽しく写真を投稿することにより、途上国に清潔で安全な水を届けられるユニークな企画です。    

   

ご協力方法は簡単。PCとスマートフォンの2台の端末をご用意ください。まず、「Color of Water」の特設サイトにPCからアクセス。スマホ(あるいはタブレット)から、保存された写真やその場で撮影した写真を選び、PCの画面に向かって振ったり投げたりする動作をすると、写真の色が分解され、水をモチーフにしたオリジナルのデザインがPC画面に投影されます。気に入ったデザインができるまで何回でも投稿することができます。また、投稿一覧で、みんなが投稿したデザインからご自身のものを確認いただくこともできます。    

   

1回の投稿につき100円がプロジェクトの協賛パートナーよりユニセフに寄付され、マダガスカルでユニセフが実施している水と衛生活動に役立てられます。ぜひご協力をお願いします。    

   
   

   
   

   

恒例の国際協力イベント『グローバルフェスタJAPAN』の季節となりました。103日(土)・4日(日)はお台場センタープロムナード(シンボルプロムナード公園内)イエロー25番ユニセフブースに集合!今年の会場はお台場です。日本国内で活動する約300もの団体がこのフェスタに参加します。

   

今年は「ミレニアム開発目標(MDGs)」最終年です。MDGsにより子どもたちが置かれた状況に進展がみられた一方で、依然としてさまざまな格差が残されています。ひとりの子どもも取り残さない・・・その決意を胸に、ユニセフは最も困難な状況で生きる子どもたちに支援を届けようとしています。    

   

そのユニセフの活動をより身近に見て、知っていただけるようなさまざまな展示を企画しています。今年4月に日本ユニセフ協会大使アグネス・チャンさんが訪問した南スーダンの写真展示や楽しいクイズなど予定しています。参加してくださった方には参加賞もあります。ご家族、ご友人と一緒に是非お越しください。    

   
   

■世界のニュースPick up

       
   

募金のお申込みユニセフ・マンスリーサポート・プログラム寄付金控除について詳しくはこちらユニセフ支援ギフト

                                                                                
      

Facebook公式ページ

      
      

 

      
      

Twitter公式アカウント

      
      

 

      
      

YouTube

      
      

 

      
      

Google Plus

      
      

 

      
      

イベントカレンダー

      
   

 

   

ご住所やEメールアドレスの変更は 

   

ご支援者の皆さまにご登録いただいている情報は、皆さまとユニセフを結ぶ大切なきずなです。
 
ご住所やメールアドレスなどをご変更された場合はぜひこちらから当協会までお知らせください。

   

ご住所を登録されていない方は、旧メールアドレスの配信停止をお申込みいただき、新しいEメールアドレスをこちらからご登録ください。

   
   
   
   

配信停止について 

   

このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。
 
今後、配信を希望されない場合は、お手数ですがこちらから配信停止の手続きをお願いいたします。    

   
   
   
   

※このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。
 
ご返信いただいてもお返事できませんので、ご了承くださいませ。

   

   

公益財団法人 日本ユニセフ協会     〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス

   

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »