« 川島なおみさん。。。逝く | トップページ | 祝!!ノーベル賞。。梶田隆章さん。。しかし晴天の霹靂 »

2015年10月 6日 (火)

大村さん。。スゴイ人みたいですね。。祝!!

 今年のノーベル医学生理学賞に北里大学の栄誉教授大村智さんが選ばれました。80歳・。。。対象研究は今から40年くらい前の1970~1980頃からのものみたいです。

 その後のもう1人の受賞者も含めて開発された無料配布の実用薬が恐ろしい風土病を撲滅しつつあるようです。

 どうもとても型破りな人物ようで,私は目上の人であっても他人はめったにホメないタイプの人間なのですが,この方夢中になると何でもノメり込んでトコトン追求してモノにしてしまうという,大好きな変態(別名:天才)タイプで,しかも謙虚かつ茫洋としているようです。

       2015年のノーベル生理学・医学賞に輝く大村智・北里大学特別栄誉教授

 

 神のような能力があって,そのクセ神や仙人とは違う生きモノ(人間)的感情が豊富ですが,自分ではソレを意識できないほど謙虚です。まさに「慈愛がコロモを纒っている。」というい印象を受けました。

 

 かつて,宇宙線(特にニュートリノ)観測のカミオカンデ関連でノーベル物理学賞をもらったときのインタビューで,「この研究究は何の役に立つのでしょうか?」という質問に対して素直に「クソの役にも立たない。」と答えたと記憶している小柴先生の言にも共感したものでしたが。。。

 

 通常,「象牙の塔」の中でコツコツとやっている机上の空論的と見える研究は,極端な話,例えば東大の金田研などで円周率パイをコンピュータで1兆ケタ以上まで計算で求めることができたとかに典型されるモノがあって。。

 凡人の見るところ,実に「クソの役にも立たない。」という意味なのでしょう。

 世界には現実の圧政や飢え寒さ暑さに苦しみ日々のカテを得るために暮らしにアクセクくしていて,飽食で豊かな国では,こうした「役に立たないモノ」に大きな国家予算をサいているのはモッタイナイと思えることもあります。

 これらが何らかの人の役に立つ実用化されたシロモノとして人口に膾炙されてスゴイことだと実感されるには相当の継続的な実学的研究が追随してなされる必要がありますが。。。

 今回の大村先生の受賞は,こうした実学,非実学の枠を超えた素晴らしいコトと凡人のわたしでさえ大いに感銘を受けました。。。

PS:北里大学でつい思い出しました。記憶合ってるかな?

 一度見聞きしたものはかなり詳細かつ克明に記憶しているのが私の悪いクセ(病気)です。今は記憶違いであってもネットで調べることできますが。。。

 創始者の北里柴三郎先生自身が第1回のノーベル医学生理学賞の最有力候補であったことを思い出しました。

 

※ ↓ 若き日の北里柴三郎氏

 

 ドイツの研究所で破傷風菌を発見し,何よりも身体に病原菌を植え付けることで抗体ができて治療できることを発見し,なおかつ,かつて猛威を奮ったペスト菌まで見つけて凱旋したにも関わらず,

 母国日本の母校の東大で自分の恩師の研究(=脚気菌を発見した?)に海外駐在時に自分の実験ではソレは間違いであるという結論を得て発表し,コレが「恩師にケチをツケた。」ということになって,その報復で「ペスト菌の発見は間違いである。」というイワレのない東大医学部閥のバッシングを受けてノーベル賞を妨害されたという事実,

 その結果,自己の居場所がなくなり当時福澤諭吉の援助で北里研究所を開始したというコトなどを思い出しました。

 そもそも現在では,「脚気=江戸ワズライ」の原因はビタミンB1の欠如にあることは明らかになっていて,脚気菌とかいうものは無いはずです。。

|

« 川島なおみさん。。。逝く | トップページ | 祝!!ノーベル賞。。梶田隆章さん。。しかし晴天の霹靂 »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/61922348

この記事へのトラックバック一覧です: 大村さん。。スゴイ人みたいですね。。祝!!:

« 川島なおみさん。。。逝く | トップページ | 祝!!ノーベル賞。。梶田隆章さん。。しかし晴天の霹靂 »