« 赤外発散の論文(1961)の詳解(2) | トップページ | ユニセフからの定期メール。。ご協力ください。 »

2016年12月 6日 (火)

訃報!小川宏さん。

 元NHKアナウンサーでフリーアナウンサーの小川宏さんが11月29日に多臓器不全で亡くなっていたことがわかりました。享年90歳でした。

 NHKニュース→  フリ-アナウンサーの小川宏さん 死去

「小川宏」の画像検索結果

  時代的にTV創生期からいた人で,私も小学校5年のときにはじめて我が家にTVがきたという頃です。その頃は今と違って放送そのものが生放送中心で,民放番組も今ほど盛んではなく,結構,NHKを見ることが多く,,高橋圭三氏とか,小川宏氏もNHK番組の司会者などとしてよく見かけていました。

 でも,小川氏は,フリーになって民放の「小川宏ショー」などの方が親しみやすかった,という印象です。

 失礼ですが,まだ生きておられたのか?というのが正直な感想です。

精神的苦労が大変だったようですね。自殺未遂とか。。。

 あまり,関係はないけれど,イジメでうつ状態?という関連から。。

 「教師が福島被災者の子供に差別的イジメ発言をしたらしい。」,というニュースがあったのを連想しました。

 不肖私も,予備校,塾や専門学校という各種学校ですが50人以上もの生徒の前で講師をやっていた時期もあります。。。その経験から。。

 教師はとにかく生徒全員と対抗して前を向かせる必要があり,ケンカでも論争でもないけれど,私なら生徒50人に一人で対決する気持ちでした。

 同じイジメ発言でも教師の発言はいわば生徒全員の重みがあり,50人なら50倍の威力があると考えるべきです。

 (マスコミ報道が本当に真実であって)やらかしてしまったのなら,男なら(イヤ,女でも)ウソをついたりで責任のがれなどをして恥の上塗りをするんじゃなく,また,,謝って済むかどうかはわかりませんが。。まずは正直にやったところは認めて逃げずに謝罪するのが先決でしょう。。。

 また,昨今は「政府が左というのに右とは言えない。」というまるで国営放送か政府の広報か?と思ういうな発言をした会長とかがいて。。

 社会の木鐸を標榜する(マス)コミュニケーション。。ジャ^ナリストの風上にもおけないアナクロ人間が主流にいるようなNHK放送は,オリンピックのときくらいしか見ませんが。。(勝手に受信料など取らずCMをやれよ) 

(※戦時中のマスコミがそろって大本営発表した時代でもあるまいに。)

 また,また,脱線しちゃいましたが。。。。

 ご冥福を祈ります。合掌!!

 PS:↓これはよかったね。。。

|

« 赤外発散の論文(1961)の詳解(2) | トップページ | ユニセフからの定期メール。。ご協力ください。 »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/68729210

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報!小川宏さん。:

« 赤外発散の論文(1961)の詳解(2) | トップページ | ユニセフからの定期メール。。ご協力ください。 »