« 訃報!!かまやつひろしさん。 | トップページ | 赤外発散の論文(1961) 付録(A1の3) »

2017年3月 4日 (土)

最近の雑感(セキュリティ重視と弱者排斥)

このところ東京オリンピック,パラリンピックの準備のせいか

内のいろいろな場所で工事中で,なんだかタダで座れる場所が

どんどん減っていく傾向にあるという気がしています。
 

高齢者の乗降客が多く老人には優しいはずの都営三田線巣鴨駅

では,今までどこの階段でも隣には必ずエスカレーターがあった

のに,今は一方の端にある下り専門の1つとエレベーターを除い

ては階段で上り折りするしかない状況です。

 
これらは,工事中の過渡期のことだけであって,工事が終わば

実は座るところが増えている。のかも知れず,

単なる杞憂かも知れませんが。。
 

,健康だった昔は気づきませんでしたが,今は自分が足,,心臓

が不自由な上,長年の糖尿病のせいの神経障害や動脈硬化の傾向

があり,足の血流が悪くて数歩歩いただけで酸素不足の疲れが来て

止まって深呼吸しないと回復せず。ということの連続の日も

あります。

 
そうした体調が悪い日には,スグにどこかに座りたくなるので,

こうしたタダで座れる場所が減っていくのは敏感に感じます。
 

(※ 私,今は外出時はいつも杖をついていて,トキにはよろけ,

階段や坂の上り下りにも苦労してますが,それは足の指が左が

1,右が2本しかなく,足の裏にも傷があって,その上長期の

入院続きで体力低下と筋肉落ち,そして上記のように糖尿性の

動脈硬化のためであり.決してグルコサミンやサポーターとか

の助けで改善される類のモノではないです。

 
また,糖尿病の方も足を失うかどうか?とか腎臓の人工透析

を受けるかどうか?という末期に近いレベルですから,よく

あるTVでの健康番組や,漢方薬の宣伝での血糖値上昇や

糖尿病悪化の予防法とかの生兵法は,私のレベルでは,既に

効果が無く気休めにすぎないと思っています。※)
 

無料で座れるベンチなどがなくなっていくのは,実は2020

の東京オリンピック,パラリンピック開催のため,海外からの

訪問者へのテロ対策などセキュリティの確保や見かけの街の

清潔さをアピールするため,汚いモノ,臭いモノにフタをする

という意味で,ホームレスなどの居場所を奪うことをも意図

したことの一環ではないか。。と危惧しています。
 

アメリカのトランプ大統領の,弱者?である(不法)移民や難民

の排斥という政策もこうした観点で分類できる一面があります。
 

,私が関西の大学の素粒子理論の研究室にいた頃,隣の物性

理論研究室には留学生でベトナム難民の人が一人いて卒業後

も本国には帰れず,フランスに渡ったと記憶してますが,彼は

ベトナムでは決して貧しい民ではなく,むしろ裕福な階級に

いたために自国から逃げて難民となったらしいですから,

難民であるからといって弱者と言うレッテル付けはできない

かもしれませんが。。。※)
 

かつて1964年の東京オリンピックのときは,私はまだ岡山の

片田舎の中学生だったので,他人から聞いた話ですが,当時,

外国から来る客から見えるところのホームレスの居場所は

一掃され,大会期間中には一時避難場所かあったけれど,

そこから追い出された後は戻るところがなくなった

ということでした。
 

今回も権力によって,「公共の利益」という名の下に,同様

弱者イジメの所業がなされつつあるのでは?と予想して

います。
 

前の東京オリンピックのときは,戦後の日本の復興をアピールし

外交的経済効果を求めるというような,今とは違った社会情勢

もあり,当時の競技場にはバリアフリーという考えはまだなく

車椅子も通れなかったらしいですが。。
 

しかし,今回は,何のため,何の旗印の下で,オリンピックと共に

障害者の祭典でもあるパラリンピックを開催しようとするの

でしょうか?


 弱者の排斥行為はパラリンピックの精神にも反するのでは

ないですか?
 

数年前の上海万博では,中国当局が会場近くのスラム街を

隠蔽する目的で板塀を作った。と聞いています。
 

今回の東京オリンピックでは,日本もまた,同じことをする

のでしょうか?
 

一般に,有産者(市民)のセキュリティを重んじようとすれば,

優しさがない街,特にホームレスなどの弱者,無産者には厳しい

街になると思います。
 

昨今の個人情報の保護という考え方にしても,それを悪用

しようとする輩がいないなら,むしろそうした個人情報を知る

ことは,その彼,または彼女を保護する助けになるものです。


 セキュリテキを重視すれば情報は秘匿
すべきですが,優しさ

のためには情報は公開さるべきなのです。
 

現代は「人を見たら泥棒と思え」,「敷居またげば敵ばかり」

「兄弟は他人の始まり」なので,"北風で"無理やり他者による

攻撃を排除する社会をめざすべきなのか? 
 

それとも「渡る世間に鬼はない。」,「向こう三軒両隣」 

「遠くの親戚より近くの他人」というような隣人の

助け合い。。温かい"太陽"で心を懐柔する社会をめざす

べきなのか?

 全ては諸刃の剣です。

(※火は暖房や炊事など多くの役に立つけど,火事や武器

の源です。原子力も役に立つが,人知では制御できない

神の火で,災いの方が大きいと感じます。)

  
実存(生きがい,夢)を追求する上昇志向,英雄志向。 

これは,ある種の強者の論理です。ダイエットとかグルメ

という贅沢な趣味を持つ「飽食の国民」とかの思想でしょう

 一方,衣食住さえも満足でなく実存,夢を求められる

ほどの余裕もない人への思いやり。下降志向,同情道徳。

これらは対立しますが,理想は,不足するモノの寡占ではく

全世界の人民が等しく衣食住を得られるよう,生産力が

進んで対立せずに両方が満足されることです。

 過渡期では,階級闘争です。
 

いずれを選択するか?は各自の価値観で自由です。。 


 私はホームレス,そして生活のために法律を犯さざるを
 

得なかった犯罪者たちの味方です。
 

「衣食足りて初めて礼節を知る。」, 

「あらゆる犯罪は革命的である。」 です。

※「私は義人のために天から遣わわされたのではない。」

「99匹の善なる羊を放置しても,迷える1匹の羊を数いたい。」

「善人なおもて往生を遂ぐ。いわんや悪人をや。。」

 時代劇でよくある江戸の人情長屋のような。。田舎での

カギも掛けなかった生活がなつかしいですネ。。

 
自分が今そういう境遇だからというわけじゃないけど,
 

東京オリンピック,パラリンピックは,パラリンピック

前面に出して,

障害者や高齢者に優しい街=「バリアフリーモデル都市」 

をテーマにするのはいかがでしょうか。

 PS:
できることなら,他力本願で他人に優しさを求める

ようなナサケナイ考え方じゃなく,自分の力でナントカ

したいのはヤマヤマです。でも金も力もない。。

 私の病気についても,にわか障碍者で元々自分が蒔いた種。
 

放蕩三昧の賜物ですから。。。

イロイロ言っても愚痴や悪口の類かも知れませんが。。

|

« 訃報!!かまやつひろしさん。 | トップページ | 赤外発散の論文(1961) 付録(A1の3) »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71281/69810106

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の雑感(セキュリティ重視と弱者排斥):

« 訃報!!かまやつひろしさん。 | トップページ | 赤外発散の論文(1961) 付録(A1の3) »