« 光の量子論8 | トップページ | 光の量子論9 »

2019年10月20日 (日)

雑感(つづき)

10/8に最近の雑感を箇条書きで書きました。

(1)2020東京オリンピック

何故,無理してまで,アスリートだけでなく観客

も含め,熱中症など危険が予測される,特に近年の

日本の夏=灼熱と多湿の季節にあえて屋外競技を

強行するのか?疑問です。単純な解決策は1964年の

ときと同じく開催を秋にすることです。主だった欧米

諸国の希望?バカンス時期に合わせたとか,いろいろな

都合もあるのでしょうが。。健康第一です。

と書きましたが,まさか,時期でなく場所の方を札幌

に変えろと一方的に決められるとは?驚きました。

東京オリンピックなのに札幌で,この時期で,そこまで

の変更の余地があるなら,スポンサーである米放映権など

無視して,時期の方を台風も終わる10月末頃に変えた方

現実的な策だと思います。

東京周辺の夏が暑くて,選手も観客も危険だ,というなら

トライアスロンやゴルフ,サッカーなど,長時間の屋外競技

は全てそうですし,マラソンと競歩だけ場所変更というのも

変な話です。

一方,経済効果を無視して場所じゃなく時期を延期すれば.

健康面や施設の準備も含めて.ほぼ全て解決です。それでダメ

というなら,いまどきは前と違ってオリンピック立候補をやめる

都市も続出のようですから,返上すると脅迫するのもいいかも。。

日本だって8月は高校野球やインターハイにプロ野球(ナイター)

などの最盛期だし,10月末頃ならシーズンオフで,適切なのでは?

極端な話.冬だって水泳ができて,逆に夏だってスキーやアイス

スケートでも可能な時代だし,どうしても米の都合に合わせるのが

必要なら,もう,これからは南半球での開催しかないでしょう。

 

(2)太陽光発電の勧め,を書いていたら,丁度30年くらいも前の

リチウム電池の開発で,吉野さんがノーベル化学賞をもらうという

タイムリーな出来事がありました。

コスト削減,かつ大量蓄電可能なモノを最先端の技術者が

本気で研究すれば,化石燃料も放射性核も不要で十分な電力の

供給を可能にできる道が開けるのでは?と改めて思いました。

 

最後に,台風,大雨洪水の警報ですが,地震刑法も含め,本当に

人命のため避難が必要で,避難所に移動するのも命に危険な

可能性がある場合,本気で助ける気があるのなら,歩けない人

でも何でも窓口に来るのを待ってるという,お役所仕事的対応

じゃなく,人も車も大いに不足なのは承知なのですが,何とか

各戸をまわって,直接避難の必要性を説き,避難所までの移動

の手助けまで,しないと,犠牲者はなくならないと思います。

情報を耳や目に伝えても,人が実際に行動に出る,というのとは

雲泥の差があるので,自己責任が基本とはいっても,後からヘリ

などで救助するよりも,予め誰かが手を引っ張ってでも助ける,と

いう行為があってもいいと思うのですが。。。

まあ,こんなこと言いながらも自らが歩行困難で,天災に逢あったら

半分以上は諦める,他人任せの無責任ジジイです。

実際は,ヨソの被害は「対岸の火事」で,目下の興味はラグビー

いうような罰当たりなのですが。。。

|

« 光の量子論8 | トップページ | 光の量子論9 »

003. 日記・回想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光の量子論8 | トップページ | 光の量子論9 »